<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『ペンギンちゃん / Penguin-Chan』performed by bonobonos return

0
    ペンギンちゃんが お散歩していたら
    (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
    空から帽子が落ちてきた
    "ヽ(´ω` "ヽ) "ヽ(´ω` "ヽ)
    サンキュー かぶって
    (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
    ヨチヨチ いきました
    "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "I Was Born To Love You" by Freddie Mercury(『ボーン・トゥ・ラヴ・ユー』 by フレディ・マーキュリー)

    0
      こんな台詞、一度でいいから、はいてみたい。
      こんな台詞、一度でいいから、きいてみたい。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『暗転:It Comes Suddenly』

      0
        予兆も伏線もなく不意にあらわれる
        うろたえることもある おどろくこともある

        もしかしたら、わたしだけなのかもしれない
        ほかのだれか、みなといってもいい
        かれらには既に自明なのだ
        そうおもえてしまうことがいちばんおそろしい

        無知だから、そうおもえるからではない
        すっぽりとぬけおちたまっくろなあながみえるのだ
        死角がある それがいやだ

        なにもない日常のつみかさねは、すこしづつすこしづつかわっていく
        ひとも自然も社会もわたしも
        そんなグラデーションが寸断されてそこにみしらぬ笑顔がのぞく


        そしてわかれ
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『死への道』 by ロメーン・ブルックス

        0
          黒髪の女性が全裸で横臥している。その痩身は蒼ざめていて、生きているのか、死んでいるのか、それさえもわからない。伏せる彼女がその身を預けている白布の描写によって、不穏な予感が湧き起こるのであった。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:13 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          短歌:残暑ヲ詠メル

          0
            DSC_0001.JPG
            うりのした 湯浴むおんなの にくの襞 うごめくをりに 濁とあせにじむ
            るい詠める


            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:17 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『やまびこごっこ / Playing Echoes』performed by bonobonos return

            0
              やまびこさん やまびこさん
              (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
              まねっこさん まねっこさん
              "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
              ヤッホー ヤッホー
              (ノ" ´ω`)ノ" (ノ" ´ω`)ノ"
              ヨホホホホー ヨホホホホー
              "ヽ(´ω` "ヽ) "ヽ(´ω` "ヽ)
              エヘヘヘヘヘ エヘヘヘヘヘ
              "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
              まねするな まねするな
              (o" ´ω`)人(´ω` "o)
              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "Clock Strikes Ten" by Cheap Trick(『今夜は帰さない』 by チープ・トリック)

              0
                夏なので。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                詩『夜の音:A Sound In The Night』

                0
                  くるまのゆきかうおと、帰宅をいそぐおと
                  酔客の嬌声、観光客のこわだかな会話
                  もちろん、夜になればそれらは聴こえる
                  でも、それはわたしのききたいものではない

                  あかりのついた部屋部屋にはきっと会話がある
                  おやとこの、つまとおっとの、そしてこいびとたちのむつみごと
                  もしかしたら、いきをひそめてみみをすませば、きこえるのかもしれない
                  でも、それもわたしのききたいものではない

                  まちなかで、群衆のなかでききとれないのだとしたら
                  それは自然のなかにひびくのであろうか

                  わたしたちのなりわいがそれを極端に誇張したものだとしたら
                  きっとそれはちがう
                  かぜのおとも、みずのおとも、ひそやかな生命のいとなみも

                  ここをはなれてとおくへたびだち、そこでようやくそれがきこえるのかもしれない
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『オリーブ園のキリスト』 by エル・グレコ

                  0
                    他の者は皆、寝入っている。ひとり覚醒めている彼の許に有翼の人が訪って、なにかを語る。
                    その内容に聴きいる彼の表情は、驚きに満ちている。彼の表情が次第に険しいモノになるのは、深い夜の闇のせいだけではない。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    短歌:雨上リニ詠メル

                    0
                      DSC_0001.JPG
                      病葉と 摘みとるその掌を みくらべば きたるそのとき いつかはとおもふ
                      るい詠める



                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:16 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ