<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

詩『堆積:A Pile Of Mine』

0
    蛇口からもれている いってき、一滴、いってきと
    そのゆくえをたどってみれば、すべては排水孔だ
    心配することはない 不安がることもない
    もじどおりにみずにながしているのだ 結果的には

    堰にながれこむのはそうもいかない
    ながれこむみずの多寡ではない
    計測さえまちがえなければ 一切は想定内のできごとだ

    不純物が堆積する その量はけっしておおくはないが 零ではない
    堰のそこにしずむこみ ふかくしずかにまっている
    そしてある日に決壊する

    てをこまねいていればこそその日は不可避である
    建造物であれば、するべきこともわかっている

    だがそれが自然物 しかもわたしというもの その感情であるのならば
    いつかはその日 そのときがこないと断言できようか
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    『子供たち』 by バルテュス

    0
      「たとえばこの二枚の絵に見られる姿勢は、ふつう、心の奥底にある性の意識に働きかける。ところがよく見ると、絵には必ず、少女たちがこうした姿勢をとる口実が与えられている。<中略>従って、少女たちは自分の姿勢をまったく意識していません」
      「つまり少女は無垢であり、見る側の視線にだけ性の意識が介在している。その結果、絵を見る人は、自分の内部にある性の意識を外に引きずり出され、それと向かい合わざるを得なくなる。<後略>」
      (『世界名画の旅〈2〉フランス編2』(編:朝日新聞日曜版編集部 刊:朝日文庫)より)


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:21 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      短歌:リヨシウヲ詠メル

      0
        DSC_0001.JPG
        浮舟の ながるる景に 籠のとり うまの肥ゆるを いかでか想ふ
        るい詠める



        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『でぶいもちゃんちびいもちゃん / Fat Potatoes Little Potatoes』performed by bonobonos return

        0
          でぶいもちゃん 土の中で 何してたの
          (o" ´ω`)ノ" (o" ´ω`)ノ"
          もぐらと おすもう
          "(´ω` "人" "(´ω` "人"
          なんか してたのかい
          "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          "I Got The Blues" by The Rolling Stones(『アイ・ガット・ザ・ブルース』 by ザ・ローリング・ストーンズ)

          0
            前回前々回に続いてのブルース。
            と、謂うよりも形式的にはリズム・アンド・ブルースに近いのでしょうか?


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            詩『浴室のむこう:At Behind The Bath Room』

            0
              くもりガラスのむこうにひとかげがみえる
              なにをしているのだろう なにをしたいのだろう
              みぎへひだりへ ちいさくなったりおおきくなったり

              いま、ここをでるべきではない
              悲劇のヒロイン 最初の犠牲者 それはいやだ
              だから ふんとはなでわらう

              いまのわたしはみをまもるものもいっさいなく
              ながれる湯に身をさらしているだけなのだ
              きしめくようなおとをおもいだしても あれは映画のなかでのこと

              あわがながれきったら もういちどさいしょからだ
              きれいになろう いつもよりも いまよりももっときれいになろう

              そうやって時間かせぎをしていればきっと
              こちらのおもうつぼだ
              まちあぐねて こらえきれなくなって そうしてそいつはわたしの名をよぶ
              るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              『シャルル7世戴冠式のジャンヌ・ダルク』 by ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル

              0
                甲冑を身にまとったそのヒトは、右掌にある旗をおおきくかざす。ながくのびた栗色の髪と下半身をおおうスカートで、そのヒトが女性であると知れる。
                頭部には光背 / Aureolaが認められ、それをしってかしらずか、その場のだれしもがこうべをたれ、りょうの掌を組む。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:51 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                短歌:夜長ニ詠メル

                0
                  DSC_0001.JPG
                  ひとり寝の 果つるあけぼの まつ吾の 夜のつづきは ひるなほくらかる
                  るい詠める



                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:13 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『一匹の野ねずみ / Three Blind Mice』performed by bonobonos return

                  0
                    いっぴきの のねずみが
                    (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
                    あなぐらに とびこんで
                    "o(´ω` "o)≡3 "o(´ω` "o) ≡3
                    ちゅ ちゅっちゅ ちゅちゅちゅ ちゅちゅちゅちゅ
                    (o" ´≡ω≡`)o" (o" ´≡ω≡`)o"
                    おおさわぎ
                    "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ(´ω` )ノ"
                    ちゅう!
                    "ヽ( ´≡ω≡`)ノ" "ヽ( ´≡ω≡`)ノ"
                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    "Hey Joe" by The Jimi Hendrix Experience(『ヘイ・ジョー』 by ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)

                    0
                      前回に続いてのブルース。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ