<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『虹のあるメルツ絵画』 by クルト・シュヴィッタース

0
    「思うにこの人は根っからのゴミ類が好きだったのではあるまいか。ゴミやガラクタが好きで、それを自分の思うように組み合わせるのがムショーに面白かったのだろう。<後略>」(南伸坊 / Shinbo Minami著『モンガイカンの美術館 / Mongaikan's Museum : Museum For The Outsiders』より)


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:37 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    短歌:夢観テ詠メル

    0
      DSC_0002.JPG
      丑三つに 吾が胎のなかに もぐり込む 逢魔時に 遭ふたその狗
      るい詠める



      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:20 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      『さんさ時雨 / Sansa Shigure』performed by bonobonos return

      0
        さんさ時雨か萱野の雨か
        (ノ" ´ω`)o" (ノ" ´ω`)o"
        音もせで来て濡れかかる ショウガイナ
        "o(´ω` "ヽ) "o(´ω` "ヽ)
        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        "There Must Be An Angel (Playing With My Heart)" by Eurythmics(『ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル』 by ユーリズミックス)

        0
          前回とはルチアーノ・パヴァロッティ / Luciano Pavarottiつながり。彼とユーリズミックス / Eurythmicsとのデュエットを聴いたのです(こちら等を参照)。

          from the album "Be Yourself Tonight" by Eurythmics

          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          詩『六角館にて:At The House Of Hexagon』

          0
            OTに

            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            連作『当世風の人物』より『女巡礼者』 by アントワーヌ・ヴァトー

            0
              身の丈よりもながくほそい杖をついて、彼女は旅にでる。むかうべきところは誰しもがしるところ、しかし、彼女のおもいをしるものはどこにいよう。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              短歌:驟雨ニ詠メル

              0
                DSC_0001.JPG
                雨足を 追うかのごとく 逃ぐるひと 囚はれびとの 語るその夢
                るい詠める



                るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:15 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                『こぶたの歌 / A Song For Piglets』performed by bonobonos return

                0
                  ブタブタコブタ お腹がすいた (ブー)
                  (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
                  エースコックの即席ラーメン
                  "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ(´ω` )ノ"
                  ブタブタコブタ お腹がすいた (ブー)
                  "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
                  エースコックの即席ラーメン
                  "ヽ( ´ω`)ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
                  ブタブタコブタ こいつに決めた (ブー)
                  (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
                  エースコックの即席ラーメン
                  "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ(´ω` )ノ"
                  ブタブタコブタ こいつに決めた (ブー)
                  "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
                  エースコックの即席ラーメン
                  "ヽ( ´ω`)ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
                  ブタブタコブタ くたびれた おしまい (ドーン)
                  "人" ´ω`)" "(´ω` "人"
                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  "It's a Man's Man's Man's World" by James Brown(『マンズ・マンズ・ワールド』 by ジェームス・ブラウン)

                  0
                    先日、ジェームス・ブラウン / James Brownルチアーノ・パヴァロッティ / Luciano Pavarottiによる、この曲のデュエットを聴いて感動したのであります(こちら等で視聴できます)。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    詩『気絶しているぼくのよこで:Behind Me When Going Into Fits』

                    0
                      なにかがかわったのだろうか
                      もどった意識をゆりもどしてもおぼつかない
                      なぜ どうして いつ どこで わきたつのは疑問ばかりだ
                      後悔している もうすこしこのままでもよかったくらいだ
                      きみのての感触はまだある
                      だからさして時間がたったわけでもないのだ
                      でもまるで永遠にうしなわれたようなこころもちなのだ
                      ぼくのいぬまにあったのかもしれない陰謀
                      ありもしない事件ばかりにこころがうばわれる
                      めのまえにさしだされたのは1杯のみずだ
                      なぜ なんのためらいもなくのみほせてしまうのか
                      そこからだろう? 本来は
                      まだまだあまいな そういえるのはあれから無事にときがすぎていくからだ
                      わらいごとにすませるようになるのはまださきだろう
                      でもすこし おちついてきた
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ