<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『どんな色がすき / Which Colour Do You Like?』performed by bonobonos return

0
    どんないろがすき (あか)
    ”人" ´ω`?" ”人" ´ω`?"
    あかい いろがすき
    "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
    いちばんさきに なくなるよ
    ”人" ´ω`)" ”人" ´ω`)"
    あかいクレヨン
    "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ(´ω` )ノ"
    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "Antonio's Song (The Rainbow)" by Michael Franks(『アントニオの歌』 by マイケル・フランクス)

    0
      鬱陶しい梅雨空には爽やかなボサノヴァ / Bossa Novaを。
      と、思っていたら、意外と死の匂いが濃厚なのです。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『6月:Rainy June』

      0
        陽のささぬ朝
        もうすぐにもふるだろう

        街は夏の予感でいっぱいだ
        あせっているのか
        それともそれにあおられているわたしなのか

        ひとつひとつの些事をいつもより丁寧にくりかえす
        それでも時間はあまる
        くらい部屋のまんなかから うらめしそうにまどのむこうをみる
        ぐづついた天気でいくつかがさきのばしなのだから

        やかんのわくおとがする
        そう あそこはいつもこの時間
        はれてもてってもふってもくもっても
        なぜそれができないのだろう

        そうおもってもうしばらくここにすわっている
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『デメトリオス1世(ブロンズの若者の頭部)』 by anonymous

        0
          あるべき両の瞳がないのがこわい。破損している頭部左面もその拍車をかける。
          まるで、死者の顔からうつしとったデスマスク (Death Mask)の様に想えるのだ。

          "Demetrio Poliorcetes. Un bronce monumental helenístico recuperado (Cabeza de bronce, Cat. no. 99 E)" by anonymous
          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:45 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          短歌:異國憶フテ詠メル

          0
            DSC_0001.JPG
            彼がゆく 砂塵の彼方の まぼろしは 牧羊神の 吹くが笛の音
            るい詠める



            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:16 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『百万本のバラ / Davaja Marina meitenei muzinu / Million Roses』performed by bonobonos return

            0
              小さな家とキャンバス 他には何もない
              ”人" ´ω`)" ”人" ´ω`)"
              貧しい絵かきが女優に恋をした
              "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
              大好きなあの人に バラの花をあげたい
              ”人" ´ω`)" ”人" ´ω`)"
              ある日街中の バラを買いました
              "ヽ(´ω` "o) "ヽ(´ω` "o)
              百万本のバラの花を
              "ヽ( ´ω`)人(    )ノ"
              あなたに あなたに あなたにあげる
              "ヽ(    )人(´ω` )ノ"
              窓から 窓から 見える広場を
              "ヽ(    )" (o" ´ω`)ノ"
              真っ赤なバラで うめつくして
              "(´ω` "人" "(´ω` "人"
              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "She" by Green Day(『シー』 by グリーン・デイ)

              0
                前回とは同名異曲 / Same Name Different Song。

                "She" (lyrics is here) from the album "Dookie" by Green Day

                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                詩『くらいそらのあさ:A Morning Under The Dark Sky』

                0
                  あめがふっている
                  おさないあの日をおもいだす
                  まどをちいさくあけてずっとうらめしそうにみていたあのあさ

                  かさはたたまれたままだ
                  やくそくはぜんぶ反故にされた
                  こんな日におでかけしてもしようがないでしょう、って

                  でもおぼえている
                  ふだんどおりにおきがえさせられた日もあったことを
                  そんなりゆうでおやすみしたらおこられますよ、って

                  わたしのとなりにはもうひとりいて そいつはまだねている
                  このままほうっておいてもいいのだろうか
                  それともやさしくゆりうごかすべきなのだろうか

                  それでもわたしはでかけることにする
                  やくそくはわすれたことにしておいて
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『ヴェロニカ』 by ジョルジュ・ルオー

                  0
                    聖職者と思われる女性。面長の顔には笑みが認められるが、彼女の左眼は潤んでいる様にもみえる。
                    笑顔のむこうに人知れず、哀しみがあるのだろうか。
                    描線は極めて単純ではあるが、それによって構成されている衣服の肌理は、彫像のそれにもみえる。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 09:38 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    短歌:梅雨ノ中休ミニ詠メル

                    0
                      DSC_0001.JPG
                      雨やみて 此処を先途と かをる花 早帰りの児らの 鞄にもにて
                      るい詠める


                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ