<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『ビビディ・バビディ・ブー / Bibbidi-Bobbidi-Boo (The Magic Song)』performed by bonobonos return

0
    サラガドゥラ メンチカブラ ビビディ・バビディ・ブー
    "ヽ(    )" (o" ´ω`)ノ"
    おまじないはいつでも ビビディ・バビディ・ブー
    "(´ω` "人" "人    )"
    サラガドゥラ メンチカブラ ビビディ・バビディ・ブー
    "ヽ(´ω` "o) (    )ノ"
    それを信じなくてもビビディ・バビディ・ブー
    "(    "人" "人  ´ω`)"

    サラガドゥラリー メンチカブレル
    "ノ( ´ω`)人(´ω` )ヽ"
    合い言葉だ 仲間には ビビディ・バビディ・ブー
    "ヽ(    )人(    )ノ"

    サラガドゥラ メンチカブラ ビビディ・バビディ・ブー
    "ノ(    )人(    )ヽ"
    面白い言葉だよ ビビディ・バビディ・ブー
    "ヽ(´ω` )人( ´ω`)ノ"
    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "White Rabbit" by Jefferson Airplane(『ホワイト・ラビット』 by ジェファーソン・エアプレイン)

    0
      ルイス・キャロル / Lewis Carroll作のふたつの物語、『不思議の国のアリス / Alice's Adventures In Wonderland』と『鏡の国のアリス / Through the Looking Glass : And What Alice Found There』にインスピレーションをうけた曲です。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『あをぞら:About A Blue Sky』

      0
        ひくくたれこめたくろくもをきみはうらめしくにらむ
        そのうえにひろがるそらをまちのぞんでいるからだ

        そしてきみはおもう
        まだ海溝の底辺のほうがましだ
        なぜならば、はるかかなたにかがやくひかりをのぞめるのだから

        そうかんがえるきみをぼくは否定しない
        だが、こうかんがえてみてはどうだろう

        銀河のはるかからそれをみれば、ほんの一枚のうすかわだ
        きみのてにする林檎のそれよりもうすい

        あるうたのそれのようにきみはいとおしくおもっているのだろう
        だがきみのゆめみるあじはそこにあるのではない

        さぁ、ひとおもいにかじりたまえ
        それとおなじだ

        そしていつの日にか、このだいちをもむしゃぶりつくすのだ
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        『着物を着たパリ娘』 by アルフレッド・ステヴァンス

        0
          あお着物をはおった女性のうしろ姿。右掌に団扇をもつそのヒトは、じっと鏡にみいっている。彼女の瞳にはなにがうつるのだろう。ほのかなあかりに照らし出されている、黄金色を背景に描かれた花々、そして、それと競うかの様に、花瓶にある花々があかく映える。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:46 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          短歌:烟草クハヘルヲ詠メル

          0
            DSC_0002.JPG
            微笑みは うそもまことも 呑みこみて いだくをんなの くろき猫のせ
            るい詠める



            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            『チム・チム・チェリー / Chim Chim Cher-ee』performed by bonobonos return

            0
              チムチムニィ チムチムニィ チムチムチェリー
              (o" ´ω`)o" "o(´ω` "o)
              わたしは煙突掃除屋さん
              "ヽ(´ω` "o) (o" ´ω`)ノ"
              チムチムニィ チムチムニィ チムチムチェルー
              "o(´ω` "o) (o" ´ω`)o"
              まちいちばんのかほう者
              (o" ´ω`)ノ" "ヽ(´ω` "o)
              みなさん聞いてくださいな
              "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ( ´ω`)ノ"
              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "You Make Me Real" by The Doors(『ユー・メイク・ミー・リアル』 by ドアーズ)

              0
                ある小説の冒頭に、この歌の翻訳が引用されていたので。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                詩『夜間勤務:At The Night Shift』

                0
                  わたしの掌にあるあかりが唯一のもの 否、そんなことはないのであった
                  室内はこうこうとかがやき、まどのそとはひるよりもあかるい
                  なにかがちがうかととえば、なにもかわらない

                  日付がきょうからあしたへとかわる
                  きょうであったその日はきのうとなる
                  その瞬間に

                  かずしれぬ生命が誕生し かずしれぬ生命がいってしまう
                  だれかがだれかに恋をして だれかがだれかににくしみをいだく
                  でもそれは、そのときにかぎったことでもない

                  そんなロマンチストめいた感興におちいるのが そのとき
                  ただそれだけのことなのだ

                  すでにここで数時間が経過した そしてあと数時間でここから解放される
                  そのはざま
                  どうしようもない逡巡のときを わたしはまたむかえている
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  『みつまたわかれの淵』 from 『名所江戸百景』 by 歌川広重

                  0
                    眼下にあるのは、あおい水面。その水面のむこうにはみどりがひろがり、遥かには富士山 / Mount Fujiが望める。
                    そのあおさをことさらに強調するかの様に、しろい帆をかかげた幾艘もの舟が行き交う。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:56 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    短歌:トハズガタリニ詠メル

                    0
                      DSC_0001.JPG
                      夢みてふ むかしのおとこに 逢ふたゆへ 床はなるるも 俯きたまま
                      るい詠める



                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:16 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ