<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

"Walking On The Moon" by The Police(『ウォーキング・オン・ザ・ムーン』 by ポリス)

0
    時節柄。
    今年、中秋の名月 / Harvest Moonは、10月1日です。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

    詩『あるひかいしゃで:At My Office In A Day』

    0
      Nに
      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * - * -

      『青衣の少年』 by トマス・ゲインズバラ

      0
        成人でもないし、児童でもない。だからと謂って、安易に少年と呼ぶのも憚られる。不思議な時代、ごく一瞬の姿である。
        衣装の青さに映えるのは、紅潮した頬であり、それが意図しているのは、若さだろうか、幼さだろうか。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:37 * comments(0) * - * -

        短歌:野分ユキテ詠メル

        0
          DSC_0002.JPG
          不意にあき けふをさかいと あめのねも 誰がしらせふか そのひとの訃
          るい詠める



          るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:10 * comments(0) * - * -

          『はしるの大すき / I Just Like To Run』performed by bonobonos return

          0
            走るのだいすき タッタタッタタ
            (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
            土をけって 草をけって 風をけって
            "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
            タッタタッタ タッタタッタ
            (o" ´ω`)o" "o(   )"
            おもしろい
            "ヽ(´ω` )ノ" "ヽ(´ω` )ノ"
            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * - * -

            "Owner Of A Lonely Heart" by Yes(『ロンリー・ハート』 by イエス)

            0
              「ロンリー・ハート / Lonely Heart」と「ブロークン・ハート」の違いは、そこに「マイ・ラヴ / My Love」があるや否や、と謂う事でしょうか?


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

              詩『となりのへや:From The Next Room』

              0
                おとがする
                いやでも想像する
                だれだろう なんだろう
                そこにそのひとの日常をうかべればよい
                それがそのひとの家庭とわかればよい
                でもそれをはばからせるなにかがある
                いやなもの うれうるもの さもなければ
                おちついてかんがえるのだ
                きっとむこうもそうにちがいない
                わたしの わたしによる わたしだからたてるおと
                それらもそうひびく きっと
                ここのとなりで そのへやで
                だからおそるおそるとびらをあけよう そしてもしも
                めがあったそのときはしょうがない 挨拶をしよう
                るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * - * -

                『市中繁栄七夕祭』 from 『名所江戸百景』 by 歌川広重

                0
                  まっすぐにたてられたいくつもの / Sasaに、彩りも豊かに七夕祭 / Tanabata Festival (Double Seventh Festival)の飾りが風に揺れる。
                  このぶんならば、恐らく、今夜は晴れる。年に一度の逢瀬も成就するだろう。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 08:26 * comments(0) * - * -

                  短歌:夏ノ終ハリニ詠メル

                  0
                    DSC_0001.JPG
                    うなさるる 敷布みだれて よる皺は 閨にひとりぞ ものぐるほしかる
                    るい詠める


                    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 17:07 * comments(0) * - * -

                    『ひなげし(かわいいコクリコ) / Gentil Coquelicot』performed by bonobonos return

                    0
                      森かげに花を
                      (o" ´ω`)o" (o" ´ω`)o"
                      森かげに花を
                      "o(´ω` "o) "o(´ω` "o)
                      つみに来てみたら
                      (o" ´ω`)人(   )"

                      ひなげし こくりと
                      "(´ω` "人" "(´ω` "人"
                      かぶりをふってた
                      "人" ´ω`)" "人" ´ω`)"
                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * - * -
                      このページの先頭へ