<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

"Sweet Dreams (Are Made Of This)" by Eurythmics(『スイート・ドリームス』 by ユーリズミックス)

0
    夏の宵、短かきその夜。
    あなたのみる夢はなに?


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "Crowds" by Bauhaus(『クラウズ』 by バウハウス)

    0
      地味だけどいい曲。美しい曲。
      決してバンドの主要なテーマではないのかもしれないけど。

      "Crowds" (lyrics is here) from the b-side of the single "Telegram Sam"
      for the album "In The Flat Field" by Bauhaus

      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      "Never As Good As The First Time" by Sade(『素敵なファースト・タイム』 by シャーデー)

      0
        どうしてこういう邦題になるのか。
        もっともっと残酷な主張をしているのに。

        from the album "Promise" by Sade

        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        "Antonio's Song (The Rainbow)" by Michael Franks(『アントニオの歌』 by マイケル・フランクス)

        0
          鬱陶しい梅雨空には爽やかなボサノヴァ / Bossa Novaを。
          と、思っていたら、意外と死の匂いが濃厚なのです。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          "She" by Green Day(『シー』 by グリーン・デイ)

          0
            前回とは同名異曲 / Same Name Different Song。

            "She" (lyrics is here) from the album "Dookie" by Green Day

            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            "She (Tous les visages de l’amour)" by Elvis Costello(『忘れじの面影』 by エルヴィス・コステロ)

            0
              最近、シャルル・アズナヴール / Charles Aznavourの楽曲を幾つか聴いていた際に、おおエルヴィス・コステロ / Elvis Costelloのカヴァーだと思っていたらじつはその逆。シャルル・アズナヴール / Charles Aznavourの『忘れじの面影 / Tous les visages de l’amour』がオリジナルであったのでした。

              for the movie "Notting Hill" directed by Roger Michell

              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "Willow Weep For Me" by Nina Simone(『柳よ泣いておくれ』 by ニーナ・シモン)

              0
                / Willow季語で謂えば晩春で、漢詩では春
                花札では11月だけど、それは置いといて(だって小野道風 / Ono no Michikaze / Willowの下の / Frogから学んだのですよ? 11月には / Frogはいないでしょう)。
                ちょっと今の時季では遅いかなぁと思いましたが、実はちょっと早かったのです。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                "Polly" by Nirvana(『ポリー』 by ニルヴァーナ)

                0
                  前回前々回に引き続いての、女性名を冠した楽曲。

                  "Polly" (lyrics is here) from the album "Nevermind" by Nirvana

                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  "Suzanne" by Leonard Cohen(『スザンヌ』 by レナード・コーエン)

                  0
                    前回に続いて、女性の名前を冠している楽曲。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    "Eloise" by The Damned(『エロイーズ』 by ザ・ダムド)

                    0
                      エロイーズ / Eloiseと謂えば、ピエール・アベラール / Pierre Abelardとの悲恋で知られるアルジャントゥイユのエロイーズ / Heloise a Argenteuil、さもなければジャン=ジャック・ルソー / Jean-Jacques Rousseauの小説『新エロイーズ / Julie ou la Nouvelle Heloise』。
                      でも、後者は前者を踏まえてのモノなので ...。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ