<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

"Sentimental Journey" by Ringo Starr(『センチメンタル・ジャーニー』 by リンゴ・スター)

0
    前回とはセンチメンタル / Senrtimental繋がり。
    作詞:バド・グリーン / Bud Green・作曲:レス・ブラウン / Les Brownとベン・ホーマー / Ben Homerによるこの曲のオリジナルは1945年、ドリス・デイ / Doris Dayの歌唱です(アルバム『ドリス・デイズ・センチメンタル・ジャーニー / Doris Day's Sentimental Journey』等に収録されていて、こちらで試聴可です)。


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

    "In A Sentimental Mood" by Dianne Reeves(『イン・ア・センチメンタル・ムード』 by ダイアン・リーヴス)

    0
      前回前々回前々々回に続いてムード / Mood繋がり。
      オリジナルは作詞:マニー・カーツ / Manny Kurt・作曲:デューク・エリントン / Duke Ellingtonで、1935年に演奏曲として発表され(こちらで試聴可)、後に歌詞が付与されました。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

      "Moody's Mood For Love / Teo Licks" by Amy Winehouse(『ムーディーズ・ムード・フォー・ラヴ』 by エイミー・ワインハウス)

      0
        前回前々回に続いてムード / Mood繋がり。
        オリジナルは1952年、作詞:エディ・ジェファーソン / Eddie Jefferson・作曲:ジェームス・ムーディ / James Moodyによります。
        それぞれのオリジナルは、作詞者の歌唱はアルバム『ザ・ジャズ・シンガー / The Jazz Singer』等(こちらで試聴可)に、作曲者の演奏はアルバム『 ムーディ・ムーズ・フォー・ラヴ/ Moody's Mood For Love 』等(こちらで試聴可)に収録されています。
        今回の、エイミー・ワインハウス / Amy Winehouseのヴァージョンはそれに新たに自身の楽曲を繋げています。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

        "Gettin' In The Mood" by The Brian Setzer Orchestra(『ゲッティン・イン・ザ・ムード』 by ブライアン・セッツァー・オーケストラ)

        0
          前回とはムード / Moodつながり。

          この曲は、ジョー・ガーランド / Joe Garlandの作、1939年、グレン・ミラー / Glenn Miller・オーケストラによります(こちらで試聴可能です)。
          そのヴォーカル・ヴァージョンはそのオーケストラのバック・コーラスであったアンドリューズ・シスターズ / The Andrews Sistersによるのが初めの様です(楽曲はこちらで試聴可能、歌詞はこちらで確認出来ます)。
          本作はその歌詞をあらたに書き起こしたモノです。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

          "My Ever Changing Moods" by The Style Council(『マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ』 by スタイル・カウンシル)

          0
            初夏の爽やかさをこの曲に求めると、すこし違う。
            次第に、怒りにみちた啓発の曲となる。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

            "Any Day Now" by Carla Thomas(『エニイ・デイ・ナウ』 by カーラ・トーマス)

            0
              この曲は作詞:ボブ・ヒリアード / Bob Hilliard・作曲:バート・バカラック / Burt Bacharachで、オリジナルは1962年、チャック・ジョンソン / Chuck Jacksonの歌唱によります(こちらで試聴可)。
              今回取り上げるふたつのヴァージョン、カーラ・トーマス / Carla Thomasヴァージョンとパーシー・スレッジ / Percy Sledgeヴァージョンは、編集盤『ジ・アトランティック・サウンド・オブ・バート・バカラック / The Atlantic Sound Of Burt Bacharach』にも収録されています。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

              "Have You Ever Seen The Rain?" by Creedence Clearwater Revival(『雨を見たかい』 by クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)

              0
                6月なので。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

                "Lagartija Nick" by Bauhaus(『ラガティジャ・ニック』 by バウハウス)

                0
                  ちょっと凶暴になってみたくて(でも主題はその逆だった)。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

                  "Break On Through (To The Other Side)" by The Doors(『ブレイク・オン・スルー』 by ドアーズ)

                  0
                    煮詰まっている。それはわたしだけか、それともだれもがみな、なのか。

                    from the album "The Doors" by The Doors

                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -

                    "Out Of The Blue" by Roxy Music(『アウト・オブ・ザ・ブルー』 by ロキシー・ミュージック)

                    0
                      もうしばらくの辛抱だと思うから。思いたいから。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * - * -
                      このページの先頭へ