<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

"There Must Be An Angel (Playing With My Heart)" by Eurythmics(『ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル』 by ユーリズミックス)

0
    前回とはルチアーノ・パヴァロッティ / Luciano Pavarottiつながり。彼とユーリズミックス / Eurythmicsとのデュエットを聴いたのです(こちら等を参照)。

    from the album "Be Yourself Tonight" by Eurythmics

    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    "It's a Man's Man's Man's World" by James Brown(『マンズ・マンズ・ワールド』 by ジェームス・ブラウン)

    0
      先日、ジェームス・ブラウン / James Brownルチアーノ・パヴァロッティ / Luciano Pavarottiによる、この曲のデュエットを聴いて感動したのであります(こちら等で視聴できます)。


      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      "Family Affair" by Sly And The Family Stone(『ファミリー・アフェア』 by スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン)

      0
        一度、このコーラス部分を想い出すと永遠に、脳内で反復してしまうのです。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        "The Boys Of Summer" by Don Henley(『ボーイズ・オブ・サマー』 by ドン・ヘンリー)

        0
          PVに登場する、少年のドラムをたたく姿がかわいい。


          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          "Stand By Me" by John Lennon(『スタンド・バイ・ミー』 by ジョン・レノン)

          0
            前回前々回前々々回とはザ・ビートルズ / The Beatlesつながり。
            オリジナルはベン・E・キング / Ben E. King1960年の発表です(こちらで確認出来ます)。


            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            "Richard Cory" by Wings(『リチャード・コーリー』 by ウイングス)

            0
              前回前々回とはザ・ビートルズ / The Beatlesつながり。
              オリジナルはサイモン・アンド・ガーファンクル / Simon and Garfunkelで、彼等の1966年のアルバム『サウンド・オブ・サイレンス (Sounds Of Silence)』に収録されています(その歌唱はこちらで確認出来ます)。


              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              "Lipstick Traces (On A Cigarette)" by Ringo Starr(『リップスティック・トレイセズ』 by リンゴ・スター)

              0
                前回とはザ・ビートルズ / The Beatlesつながり。
                1962年の、ベニー・スペルマン / Benny Spellmanによる歌唱がオリジナルです(そのヴァージョンはこちら)。


                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                "Got My Mind Set On You" by George Harrison(『セット・オン・ユー』 by ジョージ・ハリスン)

                0
                  めりはりのある、すごくポップな曲調のこの曲がジョージ・ハリスン / George Harrison
                  のだと知って、らしくないなぁと吃驚したら、彼のオリジナルではなくてカヴァーでした。
                  1962年の、ジェイムス・レイ / James Rayの歌唱がオリジナルです(こちらで試聴可能です)。


                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  "Unforgettable" by Natalie Cole with Nat King Cole(『アンフォゲッタブル』 by ナタリー・コール with ナット・キング・コール)

                  0
                    前回とは、デュエットつながり。しかも今回もナット・キング・コール / Nat King Coleナタリー・コール / Natalie Cole父子です。


                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    "When I Fall in Love" by Celine Dion and Clive Griffin(『恋に落ちた時(めぐり逢えたら・愛のテーマ)』 by セリーヌ・ディオン and クライヴ・グリフィン)

                    0
                      この曲を知ったのは一体、だれの、どのヴァージョンなのだろう。そして、わたしがそんな感興をえたときは。
                      (表題に掲げたのは、映画『めぐり逢えたら (Sleepless In Seattle)』の主題歌として発表されたモノです。)

                      for the movie "Sleepless In Seattle" directed by Nora Ephron

                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ