<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

さらば青春の光(原題:QUADROPHENIA)

0
    昇り行く大きな紅い太陽を背に受けて、一人の青年が波打ち際からこちらへと歩んで来る。波の打ち寄せる大きな音の遥か彼方から、音楽の様な、心の叫びの様な、響きがかすかに聴こえてくる。

    この映画はそのようにして始まる。

    ザ・フー / The Who1973年のアルバム『四重人格 / Quadrophenia』という作品から生み出された映画『さらば青春の光 / Quadrophenia』である。

    the poster for the movie"Quadrophenia"
    directed by Franc Roddam Jimmy acted by Phil Daniels


    続きを読む >>
    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    男と女 (原題:UN HOMME ET UNE FEMME)

    0
      ♪ダァ〜バァダ、ダバダバダ、ダバダバダ....♪
      という男女のスキャットをフィーチュアした主題歌が一人歩きして、男と女の愛の語らいのシーンなんかに頻繁に登場する主題歌「男と女」。それを生み出したのがこの映画「男と女」です。昨日、NHKで、放映されて初めて観ました(その主題歌はしょっちゅういろんな所で聴いていますけれども)。



      『男と女 / UN HOMME ET UNE FEMME』:
      author:Francis Lai
      singer:Pierre Barouh
      download
      melody for mobile

      続きを読む >>
      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 03:59 * comments(0) * trackbacks(1) * -

      真夏の夜のジャズ(原題:Jazz On A Summer's Day)

      0
        アメリカ東部の有数の避暑地、ロードアイランドで開催された『第5回ニューポートJAZZフェスティバル』を追ったドキュメンタリー映画。
        映画は、4日間に渡るフェスティバルを撮影した映像を基に、たった1日の出来事であるかの様に、魅せてくれる。


        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 12:31 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        ブルース・ブラザーズ(原題:The Blues Brothers)

        0
          全身黒ずくめの、メン・イン・ブラック / Man In Blackそっくりのというかホントはこっちが本家の、“ジョリエット”・ジェイク・ブルース / Joliet Jake Blues(as ジョン・ベルーシ / John Belushi)とエルウッド・ブルース / Elwood Blues(as ダン・エイクロイド/ Dan Aykroyd)のブルース・ブラザーズ / The Blues Brothersがブラック・ミュージックのメッカのひとつ、シカゴ / Chicagoをしっちゃかめっちゃかにしてしまうコメディー映画。

          The Blues Brothers : (from the left to the right)
          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          ロッキー・ホラー・ショー(原題:THE ROCKY HORROR PICTURE SHOW)

          0


            この映画に出会ったのは、ある方の御自宅で開かれたホームパーティでした。
            さぁ、映画を始めるよっと大画面のホームシアターの前に陣取ったわたし達一人一人に、新聞紙や傘、それに一握りの米粒、そしてありとあらゆる鳴りもののおもちゃが手渡されます。頭の中に大きな?を浮かべてたら、映画の中で雨が降ったら傘をさすか新聞紙を頭に乗っける事、結婚式のシーンになったら新婚さんに向かって米粒を投げる事、あとは音楽が鳴っている時はビートにあわせてそのおもちゃを鳴らしなさいという、謎な説明がありました。
            そうして始まったのが今回紹介する映画です。
            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 01:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            アメリカン・グラフィティ(原題:AMERICAN GRAFFITI)

            0
              わたしはこの映画を観る随分と前から、その2枚組のサウンドトラックを聴かされて来た。ローラースケートを履いた、ドライブウェイのウエイトレスのジャケットでコーティングされたそれには、 50'sロックンロールの名曲が41曲もつまっていた。わたしはずっと、オールディーズ名曲集だと思っていたのだけれども、実は制作: フランシス・フォード・コッポラ / Francis Ford Coppola、監督:ジョージ・ルーカス / George Lucasによる映画『アメリカン・グラフィティ / AMERICAN GRAFFITI』のサウンドトラック『アメリカン・グラフィティ / AMERICAN GRAFFITI』でした。

              続きを読む >>
              るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 00:47 * comments(2) * trackbacks(0) * -

              ダンサー・イン・ザ・ダーク(原題:Dancer in the Dark)

              0
                貧困にあえぎ、無実の罪で誤縛され、あえてその罪を受け入れて絞首される、シングル・マザーの悲劇を描いたミュージカル

                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 03:20 * comments(4) * trackbacks(4) * -

                映画『死刑台のエレベーター』(原題:ASCENSEUR POUR L'ECHAFAUD)

                0
                  犯罪に手を染める、二組の男女の物語。
                  一組は不倫の果てに、完全犯罪を目論む美貌の社長夫人フロランスと彼女の夫の会社に勤務する技師ジュリアン。
                  もう一組は、若さだけを頼りに夜の街を無軌道に疾駆しようとする幼い恋人達ベロニックとルイ。
                  本来ならばすれ違いすらしない二組の行動が、互いに交差して悲劇を生み出す。

                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 03:32 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  映画『ぼくの伯父さん(原題:mon oncle)』

                  0
                    わたしの「好きな映画」のひとつ『ぼくの伯父さん(原題:mon oncle)』が、NHK-BS2にて放送されました。

                    Jacques Tati appears as "mon oncle."

                    続きを読む >>
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 03:19 * comments(0) * trackbacks(1) * -

                    映画『CASSHERN』

                    0
                      この物語に悪人は登場しない。
                      登場人物のすべてが、自らの意思に関わらないところで誕生し、己の生を全うせざるを得ない。英語で言えば「i was born」受動態だよね。産まれるという事はそういう事。この物語の登場人物すべてが己の出自を呪い、その出自から解放される事だけを願って戦う。
                      本来ならば悪役である筈の、 延命を乞い願う年老いた権力者も、立場は同じ「やっとここまで辿り着いたのに、何故、ここで死ななければならないんだ」。だから、実の親子ですら互いに血を流しあう。
                      何故、わたしたちはここに産まれて来たのか、そして、どこへゆこうとしているのか。
                      この映画は、それに対して具体的な答えを提示する事なく終わる。それが、作品の評価が別れる所以かもしれない。
                      もっと力強く「愛するものの為に」戦うと、断定してくれればよかったのにとも思った。


                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 04:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ