<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

詩『猿吼える:A Monkey Howls』

0
    おさなごならばきっとなきだすだろう
    こちらにみせているのは満面の敵意 全身からはっせられる敵愾心なのだから
    そこにある感情をしるやいなや おびえ それを身をもって発露するしかない

    だからといっておそれることはない
    おりのなか わたしたちへと てのとどかないところに ふうせられているのだから
    ときにてにしたものをとうじたとしても けっしてそれがとどくことはない
    そのおろかさをわらっていればいい まさに道化だ

    しかし、とわたしはおもう
    これこそわたしたちのすがたそのものではないかと

    完全に隔離された場所でするのは威嚇ばかり
    そしてそのありさまをゆびでささされてわらわれているのだ

    いや、そうではない

    そこにいるからこそ そんなふるまいができるのだ
    きずつくものはだれもいない そしてそれゆえにわがみも安心なのだから
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    詩『途上:On The Way』

    0
      はげしくいきかう幹線道路のそのはじを
      幼女がひとりあるいている

      あたまにあるのはさかなを模した帽子 そしてみずいろのワンピース
      はいている靴は彼女のあしの2倍くらいもある
      おぼつかないあしもとは 水鳥のそれをおもわせる

      彼女のわきをくるまがすぐるそのたびに
      かぜがわきおこり 彼女を翻弄する
      そしてなんどもうしろをふりかえる
      むこうがわへとわたりたいのだ

      わたしはひとりまっている
      おおきくあけたボンネット
      救援はよんだがしばらくはこない

      それとも おおきくてをふって
      どこぞのだれかにひろってもらう
      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『延期した日:The Day Pushed Back』

      0
        Hに

        続きを読む >>
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        詩『前夜祭その前日:On The Day Before, An Eve』

        0
          Mに

          続きを読む >>
          るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          詩『すなにえ:Drawing on the sandbox』

          0
            KAに

            続きを読む >>
            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            詩『断片:Fragments of Dreams』

            0
              さっきから年配の女性がこちらにはなしかけている
              そのさまを疑念をもってわかい男性がみまもっている
              彼女の口調がはげしくなったそのときに、一切がとぎれてしまう
              おもいあたまをかかえてめざめたわたしのなかにまだのこっている

              そのひとがだれなのかわからない
              そのひとがなにを主張しているのかわからない
              しかし、わからないまま それでいい

              いまでさえ、わたしがかかえこんでいるものは難問ばかりだ
              わたしひとりでは無理だろう
              あなたはいう たいしたことではない
              だれもにもある障壁 そしてそのどれも時間が解決してくれる、と
              それにしたがうことも否定することもいまのわたしはためらっている

              だから、ゆめはゆめのままであってほしい
              それがいま、ここへと、にじみでなければそれでよい
              るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              詩『ひざ小僧:My Knees』

              0
                はしってはしってはしってどこまでもはしってへとへとになったじぶんに
                ふいにかおをのぞかせるのがそいつだ
                しゃがみこんでしまったわたしをじっとみつめている
                なにもいわないしだいいちめもくちもない
                そんな幼時の記憶がふいによみがえる
                だっていまのわたしもへとへとなのだから

                その刺客は膝をかかえてうつむいている
                そしてまっている 斬るべき相手を おのれを必要とするやといぬしを
                そうしてうわめづかいにじっとにらむ
                そのときまで ただひとり かれにあいたいしているのがおのれのひざだ

                そんなことをおもいだしてもちっともすくいにはならない
                でもしってる さいしょに負傷するのはいつもそいつだ
                ころぶといたい 血がでるとさらにいたい ではなくしかないのか なけばそれでいいのか
                かれはだまってそんなことをかんがえさせるのだ
                るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                詩「はれ舞台:At HIs Big Moment」

                0
                  SKに

                  続きを読む >>
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  詩『嗤ふ假面:Masques riants』

                  0
                    其処は祝祭のやうだつた
                    街の一角、ある店舖のディスプレイのなか
                    ひしめくやうに人形達がいならび 凱歌をあげてゐる
                    物語のクライマックス 勝利の唄だ

                    群像劇のなかでひときはめだつものがある
                    みなにかつぎあげられ、どれよりもたかい位置にある
                    おしよせる感動の矛先にまつりあげられてゐる其れは、だが
                    感情のほころびをみせてゐない

                    あるべきものがかくされてゐるのだ
                    つめ度い鋭利な假面だ

                    然し、其の表情が其処にある 其れゆゑに
                    此の場面は此處にあるのだらう
                    さもなければ一瞬にして瓦解し
                    つぎの幕へとうけつがれてしまふのだ
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    詩『蜘蛛の巣:On A Spiderweb』

                    0
                      VPに

                      続きを読む >>
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ