<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

詩『あをぞら:About A Blue Sky』

0
    ひくくたれこめたくろくもをきみはうらめしくにらむ
    そのうえにひろがるそらをまちのぞんでいるからだ

    そしてきみはおもう
    まだ海溝の底辺のほうがましだ
    なぜならば、はるかかなたにかがやくひかりをのぞめるのだから

    そうかんがえるきみをぼくは否定しない
    だが、こうかんがえてみてはどうだろう

    銀河のはるかからそれをみれば、ほんの一枚のうすかわだ
    きみのてにする林檎のそれよりもうすい

    あるうたのそれのようにきみはいとおしくおもっているのだろう
    だがきみのゆめみるあじはそこにあるのではない

    さぁ、ひとおもいにかじりたまえ
    それとおなじだ

    そしていつの日にか、このだいちをもむしゃぶりつくすのだ
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    詩『夜間勤務:At The Night Shift』

    0
      わたしの掌にあるあかりが唯一のもの 否、そんなことはないのであった
      室内はこうこうとかがやき、まどのそとはひるよりもあかるい
      なにかがちがうかととえば、なにもかわらない

      日付がきょうからあしたへとかわる
      きょうであったその日はきのうとなる
      その瞬間に

      かずしれぬ生命が誕生し かずしれぬ生命がいってしまう
      だれかがだれかに恋をして だれかがだれかににくしみをいだく
      でもそれは、そのときにかぎったことでもない

      そんなロマンチストめいた感興におちいるのが そのとき
      ただそれだけのことなのだ

      すでにここで数時間が経過した そしてあと数時間でここから解放される
      そのはざま
      どうしようもない逡巡のときを わたしはまたむかえている
      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      詩『わたしの背後にあるもの:A Thing Behind My ...』

      0
        ずっとついてくる
        なにもかたらず なにもしめさず ずっといる

        おそれることはない なにひとつない
        それがわたしをおそうわけではないのだから
        それがわたしをきずつけるわけではないのだから

        ただずっと さいしょからさいごまで
        わたしというものをみているのだ
        わたしとともにあゆんでいるのだ

        だからきっといつか
        わたしよりもいっぽまえにでて
        わたしにつきつけるのだろう
        そうにちがいない

        それをしっているからこそ
        うしろのけはいに いつも おびえているのだ
        るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

        詩『あのおんな:That Girl』

        0
          あのおんなはきらわれている
          だがそのりゆうをだれもしらない
          きらっている当事者じしんにもおぼえがない
          きらわれている本人は さぁ、どうだろう
          容姿のせいでもない いたってふつう 十人前というやつだ
          知識も態度も物腰もとくにかわりはない 平々凡々 どこにでもいそうな人物だ
          なのに、だれもがきらう だからだれもがさける
          あらたに彼女とであったひとびともみぎへとならう
          ただし悪意や憎悪がその女性にむけられているというわけでもない
          よくて忌避 さらにいえば無視 それをいじめとよぶのもむずかしい

          でもまだそれでいいのだ 彼女の内心をのぞいては
          むしろ だれかがそれにきづいたときだ おそれるべきは
          あれはいつかのわたしだ いつかわたしもああなる
          そこですべてがかわる そしてどこにでもある光景がくりひろげられる
          るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

          詩『鏡像:Reflection』

          0
            これはわたしだ 残念ながら
            あたまのなかにあるわたしとすこしちがう
            どこがどうちがうのか その説明はむずかしい
            おそらくだれをも説得はできないだろう
            あなたのめにうつるこれがわたしなのか
            あのひとにとってのわたしがこれなのか
            だれかきちんと理論づけられるのか
            おそらくむりだろう
            それをきいてきっとわたしはこういうのだ
            そんなにつごうのいいはなしではないでしょうと
            わたしがぬげばこれもぬぐ わたしがかざせばこれもかざす
            でもけっしてまじわることはない
            おそらくおたがいにいやなのだ
            ふたりがともにいる時間はおもっているいじょうにはるかにすくない
            るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

            詩『サークル・ゲーム:A Circle Game』

            0
              いつおわるのか
              いつはじまったのか
              いつ結果がでるのか
              いつここからぬけだせるのか

              そんな自問すらつかれる
              こたえはいつもいっしょ
              わかりきったことなのだ

              でもそういわざるをえない
              そうやって現実をわすれるために
              そうやってひとこきゅうするために

              それよりもこわい
              もしもこのつぎがあったとしても
              もしもこれでおわりといわれても
              そこからはじまるなにかがまっていることが
              るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

              詩『あしもと:Under My Feet』

              0
                CNに

                続きを読む >>
                るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                詩『めざめ:Awaken』

                0
                  九死に一生をえた いつもそうおもう
                  じぶんがいったいどこにいるのか いまがいつなのか
                  それを自覚するまでのほんの一瞬

                  よる みをよこたえたとこのなかで
                  躊躇する一瞬 しかし奈落のそこへとおちるように不明となる

                  夢のなかではおもいどうりにならない 夢のなかではだれもが理不尽だ
                  それはこの世もいっしょ
                  だがそれを如実に あからさまにおもわされるのだ

                  もしかしたら このからだはわたしではないかもしれない
                  もしかしたら これはまったく他人のからだなのかもしれない
                  だが 嗚呼 残念ながら このからだはよくみしったからだだ

                  それに安心もかんずるし それに不合理もかんずる
                  よる わがみをぬけだしたたましいが いずこをさまようとも
                  がんじがらめである そんな絶望 そしてまたきょうがはじまる
                  るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                  詩『堆積:A Pile Of Mine』

                  0
                    蛇口からもれている いってき、一滴、いってきと
                    そのゆくえをたどってみれば、すべては排水孔だ
                    心配することはない 不安がることもない
                    もじどおりにみずにながしているのだ 結果的には

                    堰にながれこむのはそうもいかない
                    ながれこむみずの多寡ではない
                    計測さえまちがえなければ 一切は想定内のできごとだ

                    不純物が堆積する その量はけっしておおくはないが 零ではない
                    堰のそこにしずむこみ ふかくしずかにまっている
                    そしてある日に決壊する

                    てをこまねいていればこそその日は不可避である
                    建造物であれば、するべきこともわかっている

                    だがそれが自然物 しかもわたしというもの その感情であるのならば
                    いつかはその日 そのときがこないと断言できようか
                    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

                    詩『浴室のむこう:At Behind The Bath Room』

                    0
                      くもりガラスのむこうにひとかげがみえる
                      なにをしているのだろう なにをしたいのだろう
                      みぎへひだりへ ちいさくなったりおおきくなったり

                      いま、ここをでるべきではない
                      悲劇のヒロイン 最初の犠牲者 それはいやだ
                      だから ふんとはなでわらう

                      いまのわたしはみをまもるものもいっさいなく
                      ながれる湯に身をさらしているだけなのだ
                      きしめくようなおとをおもいだしても あれは映画のなかでのこと

                      あわがながれきったら もういちどさいしょからだ
                      きれいになろう いつもよりも いまよりももっときれいになろう

                      そうやって時間かせぎをしていればきっと
                      こちらのおもうつぼだ
                      まちあぐねて こらえきれなくなって そうしてそいつはわたしの名をよぶ
                      るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -
                      このページの先頭へ