<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『富春山居図』 by 黄公望 | main | "Daydream Believer" by The Monkees(『デイドリーム・ ビリーバー』 by モンキーズ) >>

背景『☆スターライト(紫)』を使って、『ブルー・ヴェルヴェット』を唄うイザベラ・ロッセリーニに扮してみたるいです

0
    rui's avatar is supported by colomo / ?FiveAny,inc.

    映画『ブルー・ヴェルヴェット / Blue Velvet』(デヴィッド・リンチ / David Lynch監督作品)ネタの記事は既に、こちらこちらで書いてしまっているので、またぁ?と思われるかもしれませんね。でも、ずうっとずうっと、こころの奥底に濁りの様に、この作品は遺ってしまっているのです。
    初めて観た時は相当、ひいちゃったんですけど。
    そう言えば、この監督の作品はどれも、悪い夢を憶い出してしまったみたいな、嫌な後味がするのですが、いつのまにか、また、その悪夢を憶い出したくなってしまうのです。



    そして、今回遂に、その登場人物のひとり、ドロシー・ヴァレンス / Dorothy Vallens(演:イザベラ・ロッセリーニ / Isabella Rossellini)に扮してしまいます。

    だって、頂いた背景画像の『☆スターライト(紫)』の色彩が、彼女が立つクラヴのステージの配色と良く似ているからです。ここで『ブルー・ヴェルヴェット / Blue Velvet』を彼女が唄って、主人公のジェフリー・ボーモント / Jeffrey Beaumont(演:カイル・マクラクラン / Kyle MacLachlan)が、事件の渦中に引き込まれてしまうんですね。

    Isabella Rossellini acted as Dorothy Vallens, and sang "Blue Velvet" of Bobby Vinton.
    背景も人物も、こちらがホンモノです。 presented by Haruppi・razoku - san thanx!


    ちなみにこの作品の監督であるデヴィッド・リンチ / David Lynchイザベラ・ロッセリーニ / Isabella Rosselliniは当時、公私ともどものパートナー。
    ヘルムート・ニュートン / Helmut Newtonによるふたりのツー・ショットも映画監督と女優という関係以上のなにかを醸し出していると思います。
    イザベラ・ロッセリーニ / Isabella Rosselliniに扮したわたし的には、身の危険を感じるけれども、ちょっと羨ましいショットです。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * avatar : myself * 09:26 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 09:26 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ