<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ウルビーノのヴィーナス』 by ティツィアーノ・ヴェチェッリオ | main | "Start Me Up" by The Rolling Stones(『スタート・ミー・アップ』 by ザ・ローリング・ストーンズ) >>

背景『魔法の森(緑)』を使って、森に迷い込んだアリスになってみたるいです

0
    rui's avatar is supported by colomo / ?FiveAny,inc.

    不思議の国のアリス / Alice's Adventures In Wonderland』(ルイス・キャロル / Lewis Carrol著)の、その物語の章立てでいえば第6章『ぶたとコショウ / Pig And Pepper』です。
    森の中にある一軒家を訪れたアリス / Aliceは、そこで公爵夫人 / The Duchessに出逢います。そこには、みんなの大好きなチェシャ猫 / Cheshire Catもおりますよ。例によって例の如く、アリス / Alice公爵夫人 / The Duchessととんちんかんな会話を交わします。もちろん、とんちんかんなのはアリス / Alice、の方ぢゃあなくて公爵夫人 / The Duchessですよね。彼女が白兎 / White Rabbitを追いかけて訪れたこの不思議の国では、誰一人として、きちんとしたコミュニケーションをとる事は出来ないのです。



    そして会話の最期に、公爵夫人 / The Duchess女王様 / The Queen Of Heartsのお招きに出向くのだといって、それまで腕の中であやしていた赤ん坊 / Babyを放り投げるのです。
    投げ出された赤ん坊 / Babyは見事にアリス / Aliceが受け止めて最悪のシナリオを回避出来たのですが、よく観ると赤ん坊 / Babyが変です。いつのまにか、彼(それとも彼女かな)は子豚 / Pigに変身してしまっているのです。
    アリス / Alice子豚 / Pigを地面におろしてやると、彼女(それとも彼かな)は、森の奥に駆け出してしまって、遺されたアリス / Aliceはたったの独り ...。



    と、いうシーンをアバターくんで再現してみました。
    子豚 / Pigが用意出来なかったので、灰色のパグ / Pugに代役を依頼しました。台詞もないちいさな役だし、わたしに抱きかかえられたところからはじまって、地面におろされたら一目散に森に駆け込むだけなのですから。誰でも大丈夫。
    それになんといったって、子豚 / Pigパグ / Pugでは、英語にすれば一文字違いだから、似ていると言えばよく似ています。
    蟲 / Bugでなくてよかったです。
    でも、その代わりと言ってはなんなんですけれども、ジョン・テニエル / John Tennielアーサー・ラッカム / Arthur Rackhamアニー・リーボヴィッツ / Annie Leibovitzによる、子豚 / Pigを抱えたアリス / Aliceのシーンを、ちりばめてみました。

    The Pig Baby acted by Pig not Pug (maybe)


    ちなみに、「魔法の森」を「マジカル・フォレスト / Magical Forest」や「マジック・フォレスト / Magic Forest」と訳してしまってはいけません。「マジカル・フォレスト / Magical Forest」や「マジック・フォレスト / Magic Forest」では、アミューズメント・パークにあるアトラクションになってしまいます。「魔法の森」は「インチャンテッド・フォレスト / Enchanted Forest」と訳すそうです。
    もっとも、「インチャンテッド・フォレスト / Enchanted Forest」という名のアトラクションもあるので、ややこしいのですが。

    「魔法の森 / Enchanted Forest」のホンモノはこんな感じ?

    るい rui, the creature 4 =OyO= * avatar : myself * 11:09 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 11:09 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ