<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 短歌:シタタカニ腰打チテ詠メル | main | shaolong to the sky「Re:song」 >>

ふたつの言葉

0
    言葉には二種類あって、開かれた言葉と閉じた言葉がある。
    閉じた言葉でどんなに一生懸命熱く語りかけても、他者にはあなたの真意は伝わらない。
    逆に、あなたのこころの中だけに押し留めたくとも、開かれた言葉を使ってしまえば、秘密は暴露されてしまう。
    どちらが優れているという事ではない。
    臭い匂いを放つ毒花であっても、虫達を誘惑し受粉しその結果、美味しい果実を実らせる。
    光輝く水晶は美しいけれども、何者にも媚びる事なく永遠にそこにある。

    はたして、わたしの言葉はどちらだろうか?
    るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 20:19 * comments(5) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 20:19 * - * - * -

      comments

      >エレガさん

      こちらではお久しぶりです。
      ”自分自身の言葉はかなり開きっ放し”って事は、
      悪い表現ならば「ばればれ」
      良い表現ならば「素直な」って事でしょうか?

      エレガさんらしいですね!?
      Comment by るい @ 2006/01/26 8:22 PM
      久しぶりにコメント書きます(^_^;)
      開いた言葉かぁ…受け取ってくれる相手によりけりなんだろうけど。
      個人的には閉じた言葉から、漏れ伝わる真意を探したいかなって感じです。
      開きっ放しはつまらないもんね(^_^;)
      でも、自分自身の言葉はかなり開きっ放しかも?
      Comment by エレガ @ 2006/01/26 8:15 PM
      >nyoromakikoさん

      お誉めの言葉、ありがたく頂戴致します。
      その”うそのない、凛とした美しさ”を目指してがんばりたいと思います。
      これからも、いろいろな御意見等、よろしくお願い致します。
      Comment by るい @ 2006/01/26 7:31 PM
      ごめんなさい!先のコメント、名まえの入力忘れてしまいました
      Comment by nyoromakiko @ 2006/01/26 7:21 PM
      るいさん、誤ログの件、お気使いありがとうございます
      よかったぁ 気を悪くなさってたらどうしようとちょっとドキドキしてました

       開かれた言葉と閉じた言葉の二つ、は難しいですね
      開かれた言葉はずかずかとその人の土俵に無断で踏み込むことに
      なってしまいますしね・・
       特にブロガーとして初心者の私は書き言葉ってほんとうに
      神経使うなぁと感じています
       るいさんのお言葉は、、どちらかなんてわからないけれど
      うそのない、凛とした美しさがあると感じます
      Comment by @ 2006/01/26 7:20 PM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ