<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 短歌:辛キ世ヲ詠メル | main | Greta Garbo in "Grand Hotel" >>

『タン・ズマイタクの壁画』 at タッシリ・ナジェール先史壁画

0
    着飾ったふたりの女性の後ろ姿。左腕にはお揃いの腕輪がいくつも連なり、スカートをなびかせて奔るふたりは、なにか愉し気だ。


    作品名:タン・ズマイタクの壁画
        Tan Zoumaitok Rock Paintings
    画 家:作者不詳
        anonymous
    美術館:タッシリ・ナジェール先史壁画
        アルジェリアタッシリ・ナジェール
        Gravures et peintures du Tassili N'Ahaggar,
        Tassili n'Ajjer, Algeria


    タッシリ・ナジェール先史壁画 / Gravures et peintures du Tassili N'Ahaggarの最も有名な作品『白い巨人 / Le Grand Dieu de Sefar』は既にこちらで紹介済みです。
    今回、取り上げるのは、同じ壁画群の中でも、タン・ズマイタクの壁画 / Tan Zoumaitok Rock Paintingsに描かれているふたりの女性像です。

    頭のかたちから観れば、ふたりは髪をアップにしているのでしょうし、背中に踊るいくつもの円は、刺青でしょうか、それとも、衣服の紋様でしょうか。
    いずれにしましても、今、現在、活きて暮している女性を、プリミティブ・アート / Tribal Artの手法で描いた様にも観えますし、小児が描いたクレパス画 / Pastel Drawingの様にも観えます。

    つまり、それだけ、活き活きと描かれた作品でもあると同時に、なんらかの普遍性を備えた作品と、観る事が出来るのではないでしょうか。
    少なくとも、太古の昔に、わたし達の遠い祖先が描いた作品と言うよりも、今、正に、岩壁に描いてみましたという様な、リアリズムが潜んでいる様に思えます。

    タッシリ・ナジェール先史壁画 / Gravures et peintures du Tassili N'Ahaggarサハラ砂漠 / Saharaアルジェリア / Algeriaにあって、1956年に派遣されたアンリ・ロート / Henri Lhoteの調査隊によって、全世界に知られる事になります。
    その前年に、『アルジェリアの女 / Algerian Women』という題名(邦題はわたしの訳です)の作品を、パブロ・ピカソ / Pablo Picassoが発表しています。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 17:51 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 17:51 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ