<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 短歌:E.A.ぽぉ『黒猫』ニ寄セテ詠メル:ソノ弐 | main | アメリカン・グラフィティ(原題:AMERICAN GRAFFITI) >>

短歌:既ニ路傍ニ置カレシ小サキ花見出シテ詠メル

0
    20060418_155112.jpg
    花持ちて 此の地に立つは 三年なり 亡くした君を 捜しあぐぬる
    るい詠める

    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 19:29 * comments(4) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 19:29 * - * - * -

      comments

      >にょろこさん

      いゃあ、お恥ずかしい限りです。
      単純に、街中の雑踏の中で、携帯をかかげて撮影するという勇気というか度胸というか、そういうものがないんです。

      誰もいない場所でひっそり撮ったり、自宅や職場の物陰で見かける変なモノを撮っています。
      Comment by るい @ 2006/04/20 6:31 PM
      やはりそうでしたか。
      巨大な空間、特別な場所で撮影されてるわけじゃないような
      気がしていました るいさんのお写真は。

      いい写真は、持ってるカメラの値段とか
      名機といわれているものからしか生まれるわけじゃないという私の座右の銘?を後押ししてくれるような一枚で
      とってもかっちょいいです
      Comment by にょろこ @ 2006/04/20 1:24 PM
      >にょろこさん

      おはようございます!
      お誉めに預かり光栄です。
      ネタばらしします。これ、銀色の円筒形した、どこにでもある灰皿なんです。
      ロケハン(と言うと大袈裟)はしてみたんですけど、場所が特定されるわけにはいきません。そこで、たまたま職場にあった灰皿を取り上げて、携帯カメラでぱしゃり。
      銀色の画面が、二分割されているバランスだけしか考えてません。
      Comment by るい @ 2006/04/20 10:17 AM
      るいさん おはようございます
      いつも思うのですが短歌に添えられているお写真素敵ですね
      こういう場所(というか構図?)見つけられるのは
      それを見つける眼がおありだからでしょうね
      短歌も写真もデキる子、なんて羨ましい 嫉妬、嫉妬(笑)
      Comment by にょろこ @ 2006/04/20 10:01 AM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ