<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< "Goodbye Pork Pie Hat" by Joni Mitchell(『グッドバイ・ポークパイ・ハット』 by ジョニ・ミッチェル) | main | かつてのクラスメイトが遂にゴールイン! 披露宴二次会に参加してちゃっかり引出物頂いちゃったるいです >>

ブルース・ブラザーズ(原題:The Blues Brothers)

0
    全身黒ずくめの、メン・イン・ブラック / Man In Blackそっくりのというかホントはこっちが本家の、“ジョリエット”・ジェイク・ブルース / Joliet Jake Blues(as ジョン・ベルーシ / John Belushi)とエルウッド・ブルース / Elwood Blues(as ダン・エイクロイド/ Dan Aykroyd)のブルース・ブラザーズ / The Blues Brothersがブラック・ミュージックのメッカのひとつ、シカゴ / Chicagoをしっちゃかめっちゃかにしてしまうコメディー映画。

    The Blues Brothers : (from the left to the right)
    長い刑期を終えて出所したばかりの“ジョリエット”・ジェイク・ブルース / Joliet Jake Bluesと、彼を出迎えたエルウッド・ブルース / Elwood Bluesを待っていたのは、二人が育った孤児院が税金$5000滞納で閉鎖直前と言うニュースだった。その窮状を救う為、R & Bの神から啓示を受けた二人は、かつて二人が率いていた最強のR & Bバンド、ブルース・ブラザーズ・バンド / The Blues Brothers Bandを再結成しぼろ儲けを企むが、彼らは行く先々で揉め事を起こす。その結果、警察、C & Wバンド、ネオ・ナチにつけねらわれ、それに“ジョリエット”・ジェイク・ブルース / Joliet Jake Blues抹殺を企む謎の女 / Mystery Woman(as キャリー・フィッシャー / Carrie Fisher :『スターウォーズ / Star Wars』のレイア・オーガナ姫 / Pricess Leia Organa。そしてレイア・オーガナ姫 / Pricess Leia Organa以上に、最先鋭の銃火器をひたすらぶっ放つ)も加わり、シカゴ / Chicagoの街総てを舞台とした大混乱のカーチェイスへと発展する。

    soul food Cafe Owner , Reverend Cleephus James & Curtis


    と、言う粗筋よりも、ブルース・ブラザーズ・バンド / The Blues Brothers Bandのメンバーが全員、60年代70年代のR & B黄金期を生み出した最高のミュージシャンであるなんてのは序の口で、神の啓示を伝導するクレオファス・ジェームス牧師 / Reverend Cleephus JamesにJBことジェームズ・ブラウン / James Brown、楽器店主レイにレイ・チャールズ / Ray Charles ソウルフード店 / soul food Cafeの女将さんにアレサ・フランクリン / Aretha Franklinらが扮して唄い踊る(いや、さすがにレイ・チャールズ / Ray Charles は踊らないけれども。その代わりにその観えない眼で百発百中のショットガンをぶっ放つ)。
    つまりはブラック・ミュージカルってこと?

    The Blues Brothers feat. Ray and Street Slim


    そして大事な事は自らの故郷=孤児院の不遇を救う為に“ジョリエット”・ジェイク・ブルース / Joliet Jake Bluesとエルウッド・ブルース / Elwood Bluesが「音楽」で救おうとしたのと同じ様に、R & Bマニアのダン・エイクロイド / Dan Aykroyd による、R & Bのスター達への「映画」による、ちょいとした恩返し。
    場面転換の随所で聴ける、ブルース・ブラザーズ・バンド / The Blues Brothers Bandのテーマソングとも言える「I Can't Turn You Loose(キミなしではいられないって意味ですね)」そのまんまの気持ちが込められた作品。
    もっとも、音楽に興味がない方でも、シカゴ / Chicago・オールロケで撮影された映画史上最大台数と思われる、パトカーが次から次から次へと暴走してぶつかって大破していくカーチェイスだけでも見物ですよ。

    (余談ですが、わたしが御贔屓にしているドラッグストアはタイムセール期間中はこの作品で取り上げられた楽曲『think』をエンドレスで流しているので、その場に居合わせたわたしも、ついアレサやJBの様にステップふみたくなっちゃいます。♪fever!fever!♪)。

    ブルース・ブラザーズ
    原題:The Blues Brothers
    1980年 アメリカ映画
    Original Movie Script



    Matt 'Guitar' Murphy on lead guitar
    Elwood Blues on vocals and harmonica
    Tom 'Bones' Malone on tenor & baritone saxophones, trombone, trumpet and background vocals
    Alan 'Mr Fabulous' Rubin on trumpet and background vocals
    Lou 'Blue Lou' Marini on tenor & alto saxophones


    監督:ジョン・ランディス / John Landis
    製作:ロバート・K.ウェイス / Robert K. Weiss
    製作総指揮:バーリン・ブリスタイン / Bernie Brillstein
    脚本:ダン・エイクロイド / Dan Aykroyd & ジョン・ランディス / John Landis
    撮影:スティーブン・M.カッツ / Stephen M. Katz
    音楽監修:アイラ・ニューボーン / Ira Newborn
    美術:ジョン・J.ロイド / John J. Lloyd
    編集:ジョージ・フォルシー・ジュニア / George Folsey Jr.
    衣装:デボラ・ナドゥールマン / Deborah Nadoolman

    出演
    ジョン・ベルーシ / John Belushi as “ジョリエット”・ジェイク・ブルース / Joliet Jake Blues
    ダン・エイクロイド / Dan Aykroyd as エルウッド・ブルース / Elwood Blues
    ジェームズ・ブラウン / James Brown as クレオファス・ジェームス牧師 / Reverend Cleephus James
    キャブ・キャロウェイ / Cab Calloway as カーティス / Curtis
    レイ・チャールズ / Ray Charles as 楽器店店主レイ / Ray
    ジョン・リー・フッカー / John Lee Hooker as ストリート・スリム / Street Slim
    キャリー・フィッシャー / Carrie Fisher as 謎の女 / Mystery Woman
    アレサ・フランクリン / Aretha Franklin as ソウルフード店主 / soul food Cafe Owner
    ヘンリー・ギブソン / Henry Gibson as ネオナチ隊長 / Nazi Commander
    マーフィ・ダン / Murphy Dunne as マーフ / Murphy 'Murph' Dunne
    スティーブ・クロッパー / Steve Cropper as スティーブ・“カーネル”・クロッパー / Steve 'The Colonel' Cropper
    ドナルド・ダック・ダン / Donald Duck Dunn as ドナルド・“ダック”・ダン / Donald 'Duck' Dunn
    ウィリー・ホール / Willie Hall as ウィリー・“トゥービッグ”・ホール / Willie 'Too Big' Hall
    トム・マローン / Tom Malone asトム・“ボーンズ”・マローン /Tom 'Bones' Malone
    アラン・ルビン / Alan Rubin as ミスター・ファビュラス / Alan 'Mr Fabulous' Rubin
    ルー・マリーニ / Lou Marini as “ブルー・ルー”・マリーニ / Lou 'Blue Lou' Marini
    マット・マーフィ / Matt Murphy as マット・“ギター”・マーフィ / Matt 'Guitar' Murphy
    ツイッギー / Twiggy as シックな女性 / Chic Lady



    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : cinema * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 23:29 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ