<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かつてのクラスメイトが遂にゴールイン! 披露宴二次会に参加してちゃっかり引出物頂いちゃったるいです | main | "Love Is Stronger Than Pride" by SADE(「ラブ・イズ・ストロンガー・ザン・プライド」 by シャーデー) >>

精神判定に使われたエピソード

0
    タムラさんのブログ『翼溶けた夜王子』で、次の様な精神鑑定の記事が掲載されていました。
    以下、引用します。

    ”これは殺人犯の精神判定に使われた話です。

    お父さん、お母さん、息子のある平凡な3人家族がいました。
    ある日お父さんが不慮の事故で亡くなってしまいます。
    その葬式でお母さんは何を思ったのか、
    葬儀に来ていたお父さんの会社のカッコイイ人に一目惚れしてしまいます。
    数日後、お母さんは自分の息子を殺してしまいました。
    なぜお母さんは自分の息子を殺したのですか?

    考えましょう。”
    【結果】『息子が邪魔だから』

    90何%の人がそう答えるらしい。
    そう答える人は正常らしい。
    でも宮崎勤酒鬼薔薇聖斗はそれとは違う答を言ったらしい。
    しかも2人とも同じ答え。

    「息子の葬式で、またあの人に会えるから」
    です。”

    連続幼女誘拐殺人事件19881989)の宮崎勤被告と、神戸連続児童殺傷事件1997)の酒鬼薔薇聖斗(仮名)元受刑者の
    「息子の葬式で、またあの人に会えるから」
    という回答は、異様な印象を与えるかもしれない。
    しかし、90何%のヒトが考える
    「息子が邪魔だから」
    という回答の打算的で功利的で、一方的で我侭な回答と比較すると、純粋な愛情吐露の様に、わたしには思えてならない。

    「息子が邪魔だから」という回答は、その恋愛(?)行動の最終地点である、一目惚れした「カッコイイ人」とつきあう、もしくは、同棲ないしは結婚までを既に見据えている。そして、その為にクリアしなければならない数々のハードルの中の第一の障害が「息子」の存在であるという事を主張している。つまり、その回答をした90何パーセントの人々の頭の中には、無意識の内で、「カッコイイ人」との恋愛を成就する為の方程式なり戦略なりが、既に構築されているのではないだろうか?
    また、「息子が邪魔だから」という回答のカゲには、「カッコイイ人」の己に対する愛情への視点が欠けている。果たしてその「カッコイイ人」が己を愛してくれるのか?という疑問や不安が一切、そこにはない。90何%のヒトの頭の中には、「カッコイイ人」と己の愛情が確立されている事は、疑いの余地のない条件なのである。盲目的にそれを確信しているとも言える。
    でも、にも関わらずその行為を押しとどめるのが「息子」。それは、見栄や外聞や一般常識といった他者の眼だろう。ここにも90何パーセントの人々打算的で功利的な佇まいが発見出来る。

    それに比べれば、「息子の葬式で、またあの人に会えるから」という回答には、一目惚れした「カッコイイ人」に会いたいという一途なおもいしかない。尤も、それは、恐ろしく幼稚で稚拙で短絡的だけれども。
    と、ここまで書いて来て思い出したのが歌舞伎『松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく)』等で有名な「八百屋お七」の物語。
    火事で焼け出された偶然によって出会い一目惚れした小姓に会う為には、また火事になればいいと思った少女お七が放火、その結果、お七は捕縛され極刑の火刑(火炙の刑)に処せられたという実話。
    それで、なんとなく感づいていたんだけれども「またあの人に会えるから」という回答には、少女性がつき纏います。
    それも、純粋で無垢な少女のおもいが。
    彼らの行った行為は勿論、犯罪であるし決して許されるべきものではありません。ですが、そのこころの奥底にある純粋な少女の様なおもいには、共感してしまうわたしがいるのも事実です。

    心理学や犯罪学を研究されている方から観れば、わたしのこの記事は稚拙で過ったものかもしれません。御意見や御批判をお待ちしております。

    ちなみにわたし自身の回答はこうでした。
    ”わたしは「lucky!」って思いました。何が「lucky!」なのかは分からないのだけれども。
    「lucky!」だから殺したのか?「lucky!」になる為に殺したのか?
    でも、イメージ的には鼻唄まぢりで「lucky!」って言いながら絞殺したんだと思う。”
    るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : diaries * 10:58 * comments(36) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 10:58 * - * - * -

      comments

      > らがーさん

      初めまして!コメントありがとうございます。
      わたし的には本文にも書いたように「また会えるから」は、決して”異常”とは、思わないんですけれどもね。
      凄くピュアなものがみえます。

      勿論、そう思ってそれを実行しちゃったらマズいでしょうけれども。
      と、言うか、そういう事件最近多いんですけれども、マスコミとかがみんなハンで押したように「こころのやみ」みたいな言い方で犯人=加害者の内心をヒトククリする物言いが、ちょっとヤです。
      Comment by るい @ 2006/08/10 7:46 PM
      友人にこのテストをメールで送ってもらって考えに考えて「身内の葬儀をすれば、また会えるから」という答えに至ったものです。
      え〜精神異常者ですwwwwww

      でも、客観的に事実を抽出し並べ熟考するとコレしか結論が出なかった。
      Comment by らがー @ 2006/08/10 12:59 PM
      >晴仁さん

      まぁ、のんびりやっていきましょう。
      Comment by るい @ 2006/06/23 7:21 PM
      そうですね〜
      まぁ面白いってのは考えても私には 無理だから
      自分らしさを出せたらいいなぁと思います。
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/23 10:50 AM
      >晴仁さん

      ブログに関しては、ヒト各々のスタンスがあるから、ブログの筆者御本人の返事とか期待しない方がよいですよ。それよりも、己自身のブログを充実させて、いろいろな方にコメントを残してもらえる様な、面白い記事を書いた方がいいと思います。
      Comment by るい @ 2006/06/23 1:48 AM
      そうなんです〜ここやのブログでも何人か発見したんですが…
      るいさんみたいに コメントの返事がないから寂しく思います。
      みんな忙しいから そんな暇ないかもですが…
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/22 6:59 AM
      >晴仁さん

      ポルノグラフィティさんの記事だったら、いろいろなファンサイトやファンブログがありそうですね。そこから、ネット上のいろいろな交流とかの可能性がありそうですね。
      Comment by るい @ 2006/06/22 1:46 AM
      そうですね〜
      自分発見というと…
      ポルノグラフィティさんの記事みただけで幸せな感じがするので〜
      これで笑顔になれます。

      Comment by 晴仁 @ 2006/06/21 11:09 PM
      > 晴仁さん

      「ネットの海は広大」((C)草薙素子)だから、いろいろなモノを発見出来るわ。新しい己もそこにいるかもしれない。
      Comment by るい @ 2006/06/21 4:45 PM
      そうですね〜なかなかいろんなことに自信をもてないんで悩みまくってますが…
      それなりにがんばります
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/21 2:25 AM
      >晴仁さん

      要はキモチの問題よ。自信持っていきましょう!
      Comment by るい @ 2006/06/20 5:21 PM
      ありがとうございます〜
      言葉たらずで上手く伝えれなくて…それなのにわかってもらえるのは嬉しいです
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/20 6:23 AM
      >晴仁さん
      わたしもそう思います。
      Comment by るい @ 2006/06/19 4:39 PM
      まぁ 血液型占いとか当たらないとか 言われてますが… まぁ全てにおいて占いとかは その結果をみて自分が生きてくうえで 落ち込んだりした時などに 支えになればそれでいいんですよね。
      なんか上手く言葉にできないけれど…
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/19 1:03 AM
      >晴仁さん

      血液型の相性はよくわからないです。なんたって4種類しかないですから。
      Comment by るい @ 2006/06/19 12:05 AM
      そうなんですか〜
      A型の人はB型嫌いらしいですけど…
      やっぱり合わないらしくなんかこの人嫌いかもってなったら B型やったってこと多いらしいですね〜
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/18 8:16 PM
      >晴仁さん

      わたしはA型の魚座です。
      Comment by るい @ 2006/06/18 6:49 PM
      B型のわりには頭堅くて融通きかないみたい…
      おもんないとよくいわれます
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/18 5:14 PM
      >晴仁さん

      晴仁さんって真面目な方なんですね。わたしは半分くらい空想の世界に足つっこんぢゃっているかもしれませんが。
      Comment by るい @ 2006/06/18 12:29 PM
      かっこいい人が好きになった自分の為に自分の子どもを殺すことが理解できない〜もしくはしたくない…ですね
      かっこいい人と一緒になりたい為に子どもを殺すのが私は頭では なんとなく解りますが… 私の心は拒否してますね…解りたくないと…。
      私は その子どもが人を殺したり人としての心をなくしたときに その子どもを殺して自分も死ぬという考えは持ってるけど…
      どうやら自分の利益だけ?で人を殺すことには 心が反応しないみたいですね。
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/18 5:23 AM
      >晴仁さん
      普通の性格診断とは違ってこの質問には、所謂答えはないと思います。
      己自身で「なぜ息子を殺したのかわからないという答え」に辿り着いたのかを、考える事によって、己の深層心理に辿り着くのだと思います。 もしくは、お友達とかといろいろこの問題を回答しあって、それをひとつひとつ検討していくとか。

      例えば、
      「なぜ息子を殺したのかわからないという答え」を出したという事は、もしかしたら、全然別の解答が己の中に浮かんだものの、その解答を己自身が受け入れる事を拒否しているという事も考えられます。
      ぢゃあ、何故、拒否したのか? そしてその拒否された解答はなんなのか? というのは、ちゃんとした精神科医かセラピストに相談して下さい。素人判断は危険ですよ、きっと。
      Comment by るい @ 2006/06/18 3:44 AM
      びっくりしました…
      なぜ息子を殺したのかという問には 答えれなかったです。
      私にはなぜ息子を殺したのかわからない という答え?でした。
      多分今 邪魔やったから とか 葬式で会えるから とかそういう回答?をみても
      私には なぜかわからない…
      これにはどういう心理?が隠されているんでしょうか…
      Comment by 晴仁 @ 2006/06/18 3:19 AM
      >中国さん

      了解です!
      未来の事を語りましょう!
      Comment by るい @ 2006/05/07 8:12 PM
      正しい日本語ではないですが、等価効果ではないでしょうか
      自分の場合、他の等価を見付けれなかったのでしょう。
      ただ、自分自身決して強くはないですから。傷付いた分、人の痛みも前よりかは分かるようになったので、よしとしてます。
      昔のことはもうこれでしまい!
      今が大事よるいちゃん語るなら未来を語るわ
      未来はなせばなるのよ多分
      Comment by 中国 @ 2006/05/07 7:08 PM
      >中国さん

      "京都の街は人の人情がまだまだある街"
      結局、ヒトはヒトによってしか救われない、癒されないって事かしら?
      傷つけあうのも、ヒトだけれども。
      Comment by るい @ 2006/05/07 1:21 PM
      いや、なかったですね。唯一あるとしたらビリヤード、プールゲームですね。あれをしてる時は何もかも忘れてそれだけに集中出来ましたから。
      京都の街は人の人情がまだまだある街です。そこに癒されました。
      Comment by 中国 @ 2006/05/07 1:29 AM
      >中国さん

      それは大変だったですね。御苦労様です。
      そういうハードでヘヴィな生活の中で、心安らぐものや癒してくれるものはありましたか?
      Comment by るい @ 2006/05/07 12:50 AM
      そうですね。その両方でしょう。生活のほとんどがその社会でしたから。
      あまりいい物ではなかったですね。嫉妬や妬み、腹の探りあいが日常茶飯事。人がきらいになりましたねぇ
      今はそんなことはありませんが。
      Comment by 中国 @ 2006/05/06 10:29 PM
      >中国さん

      「うまく生きる」の「うまく」とは、何を指している言葉でしょう? 経済的なものとか社会的な地位や名誉とかを指している言葉ですか? もし、そうだとしたら、ちょっと哀しいかも?
      Comment by るい @ 2006/05/06 10:48 AM
      失礼致します
      生きていく過程で、うまく生きていこうと思い、そうした結果、純粋な気持ちは捨てたのでしょう。当時の自分には必要のないものでしたから。今は捨てなくてもよかったように思いますが。
      でも、未だうまくは生きれてなさそうです(笑)
      Comment by 中国 @ 2006/05/06 3:55 AM
      >タムラさん

      拝見しました。
      タムラさんの考え方はまた、いろいろな問いかけをしてますね?
      タムラさんの詩の世界とあい通じる世界だと思いました。
      Comment by るい @ 2006/05/05 8:12 PM
      私の答えを書いていなかったので続々モールス信号にてアップしましたよ★
      私もそっちの資質ありそうです(;´`)
      Comment by タムラ @ 2006/05/05 8:00 PM
      >中国さん

      それは一体、いつどこに落として来たのですか?
      捜しに行ってみませんか?
      Comment by るい @ 2006/05/05 7:49 PM
      カッコイイ人に会える=葬式だったのでしょう。自分は90何%の意見でしたが。あの人と付き合う為にどう動くべきかのフローチャートを考えた時、息子が第一に邪魔だと判断するでしょう。しかし、カッコイイ人に会えるには、葬式の場でしかなく、ただ息子はその道具でしかなかったのでしょうね。
      その純粋な気持ちには共感できない自分を客観的に見ると、純粋な気持ちをどこかで落としてしまったのだなと思わされます。
      Comment by 中国 @ 2006/05/05 7:39 PM
      >タムラさん

      「息子の葬式で、またあの人に会えるから」という回答に、単純に美しい回答だなぁって感動(?)しちゃったんです。
      わたしにもああいう資質があるかも
      Comment by るい @ 2006/05/05 12:15 PM
      早速見ましたΣd('∀'●)
      なるほどな〜と関心してしまいました(●´O`●)
      Comment by タムラ @ 2006/05/05 12:07 PM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ