<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「中田英寿現役引退」を聴いて | main | W杯TV観戦記 vol.05 >>

短歌:鏡ノ中ノ我ヲ詠メル

0

    姿見に 映る我が身の あさましさ 君恋う心 獣が如く
    るい詠める


    I will be what mean, who am reflected in the large mirror.
    It seems to be a beast in love with you,that is my heart.
    姿見の鏡に映っているわたしはなんてあさましいのだろう。
    あなたを恋する心はまるでけだものの様だ。
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 21:12 * comments(6) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 21:12 * - * - * -

      comments

      >中国さん

      うぅん、どうなんだろう!? ホントに欲張りさんだから。
      Comment by るい @ 2006/07/07 11:26 PM
      あらま〜
      ほんまに欲張りやね。
      でも、その君の恋が貰えたら満足できるんでは?
      Comment by 中国 @ 2006/07/07 7:12 PM
      >中国さん

      鏡の中のわたしとても欲張りさんなので、きっと地球を丸ごと頂いても満足しないと思います。
      Comment by るい @ 2006/07/07 12:31 AM
      なぬ!
      あれは値段のわりにかなりうまいものなのに。
      ならば、るいるいを満足させてるものとはなんぞや?
      Comment by 中国 @ 2006/07/06 7:51 PM
      >中国さん

      鏡の中のわたしはそれだけでは満足出来ないと申しております。
      Comment by るい @ 2006/07/05 11:41 PM
      なんでも過ぎたらあかんのよねぇ
      ヒロタのシュークリーム、チョコカスタード毎晩食べてしまう
      やばい
      おいしいからおすすめ
      Comment by 中国 @ 2006/07/05 10:42 PM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ