<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< W杯TV観戦記 vol.06 | main | 短歌:「忘レラレナイ夏ノ想ヒ出」ヲ詠メル ソノ一 >>

W杯TV観戦記 vol.07

0
    遂に終わっちゃいましたね。

    本来ならば、感動と興奮と、そしてもしかしたらああいう幕切れに対する言い様もしれない憤りを抱えてしかるべきなんですが、哀しい事に、あと数時間もすると出勤の時間です。と、怒濤の様に押し寄せてくる日常に押しながされつつ、ブラウン管をオフにしたるいです。
    とりあへず、目覚ましセットして、ちょっと横になろっと。

    みなさんもお疲れ様でした。
    2006年7月10日 06:05:決勝戦
    試合は最初から荒れ模様だった。立ち上がりから選手同士の激しい攻めぎ合い。自陣のペナルティエリアイタリア選手のファウルでPKを与えてしまう。蹴るのは勿論、ジダン。今大会オウン・ゴールでの1点以外のゴールを許していないブッフォンが対峙するが、そこはジダン。深々とボールをゴールに沈める。追う立場となったイタリアは、その後コーナーキックから合わせて同点とする。それから、試合展開は凄まじいものとなる。攻守の切り返しは凄まぢい。セットプレイから機会を伺うイタリア。カウンターからジダンアンリというホットラインを狙うフランス。しかし、両者得点のチャンスを得るものの、それを確実にする事が出来ない。後半開始早々、精細を欠くトッティは途中交代。一進一退で延長戦に突入したらアンリも負傷交代。と、壮絶な試合の様相を呈して行く中で"事件"は起きる。あろう事かジダンレッドカードで一発退場。その状況に納得出来ない試合会場は騒然となり、フランス・サポーターの激しいブーイングの中、延長戦も終了。遂にPK戦となる。厳しい状況の中、イタリアがその激しく厳しい闘いにピリオドを打って今大会の覇者となった。しかし、現役引退の場で「有終の美」はおろか、レッドカードでの退場でピッチを後にしなければならなかったジダン。彼の心中は如何なるものだろうか?
    るい rui, the creature 4 =OyO= * diaries : FIFA world cup 2006 * 06:10 * comments(2) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 06:10 * - * - * -

      comments

      >いたりあ〜んさん

      1ヶ月間、お疲れ様でした!

      熱狂的なサッカー・ファンでもないし、熱心な日本チーム・サポーターとは言えないわたしが、無我夢中になって喜怒哀楽をブラウン管の前でぶつけていた1ヶ月間でした。
      いろんな事がありましたね。で、きっとこれからの四年間もいろんな事があるのでしょう。
      これを機会に宜しくお願いします。ぜひサッカーブログもスタートさせて下さいね。楽しみにしてます。
      Comment by るい @ 2006/07/11 11:50 AM
      約一ヶ月の熱い熱いお祭りが終りましたね…
      あっ、こちらでは2度目の登場です♪(ペコリ)

      今回の大会は、『ロナウジーニョによる、ロナウジーニョの為のW杯』になると思っていましたが、ジダンが主役になりましたね
      いや、人各々の視点が違うから決めつける事は出来ませんね(笑)

      さて、世界最高のお祭りに、また1つの歴史が刻みこまれましたが、「各国リーグ戦」「各大陸選手権」などと平行しながら…2年後くらいには『南アフリカ』への戦いがスタートします☆
      なんだかんだで直ぐですよ!予選は…

      〜観る側の我々に、ピリオドは無い〜

      さて、未完ではありますが、自分が作ったサッカーサイトを貼っていきます☆勝手にごめんなさい…もしよかったら、遊びに来てくれたら嬉しいです♪

      るいさんのブログを読んで、またブログ書きたくなっちゃったし(サッカーに関する事くらいだったら書けそう♪)

      一先ず「W杯観戦記」お疲れ様でした!勿論、これからもブログは覗きに来ます、チャオ!
      Comment by いたりあ〜ん @ 2006/07/11 5:07 AM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ