<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『聖誕(新生児、又はキリストの降誕)』 by ジョルジュ・ド・ラ・トゥール | main | "Blue Bayou" by Linda Ronstadt(『ブルー・バイユー』 by リンダ・ロンシュタット) >>

詩『おおかみがくるまえに:Before The Wolf Visits』

0
    だれもがしっているその物語とはすこしちがう
    母子家庭ではないがひとりっこだ
    そしておおかみがおとずれたさいにはすでにおわっているのだ

    父と母は箪笥のなかにいる
    ふたりでなかよくぶらさがっている

    ふたりのたったひとりのこどもは冷蔵庫にいる
    物語のようなはしら時計ではない
    そんな裕福な家庭ではないようだ

    冷蔵庫のなかはきっとむしあついだろう
    こどもはボタンをぜんぶはだけてしまう
    電気もとまっているのだ
    だからそのなかにあるのはこどもだけだ

    おおかみたちはまいにちたずねてくるがなんどノックしてもへんじはない
    しかたない きょうもかみきれ1まいのこしてかえっていく

    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:01 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ