<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ピンクの日傘をいただいたるいです | main | "Harley Davidson" by Brigitte Bardot(「ハーレイ・ダヴィッドソン」 by ブリジット・バルドー) >>

新作の和柄巾着をいただいたるいです

0
    rui's avatar is supported by colomo / ©FiveAny,inc.
    無実の罪で惨殺された両親の仇を討ち、怨みをはらした主人公(=前作までのあらすじ)は、仕込んだ刃を捨てるだがしかし。というのが、『修羅雪姫』シリーズ第2作『修羅雪姫 怨み恋歌』です。血塗られた己の過去を隠して恋に生きようとするものの、その人斬りの宿命からは逃れられず...、というお話は、やっぱりクエンティン・タランティーノ / Quentin Tarantino監督が『キル・ビル Vol.2』に引用しています。でも、暗殺者として育てられたヒロインが真の愛に目覚めるという意味では。『ニキータ』(リュック・ベッソン / Luc Besson監督作品)にも似てますね。さて、この アバターくんは仕込みの代わりに巾着を持っていますが彼女の行手には、一体、何が待ち構えているのでしょうか? 
    すてきな恋人さんだったらいいなぁ。

    "恋することもできないで 哀しく咲きます怨み花…"
    "無実の罪で斬殺された父母の仇を打ち、怨みをはらした修羅雪は凶悪殺人犯として絞首刑を待つ
    ところが明治時代の政治的混乱に巻き込まれ、紫紺の蛇の目傘の仕込み刃を手に、雪は再び修羅の道を歩き始める"
    監督:藤田敏八  原作:小池一夫上村一夫
    作品の詳細はこちらを御覧下さい。


    金色の巾着(原物はこんな感じ?)
    presented by omunia-san aka Oscar - san
    るい rui, the creature 4 =OyO= * avatar : myself * 03:06 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 03:06 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ