<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『月の冬:The Moon In The Winter』 | main | happy valentine 2017 >>

"Run To You" by Bryan Adams(『ラン・トゥ・ユー』 by ブライアン・アダムス)

0
    プロモーション・ヴィデオが雪景色から始まるので。


    ぼくへの愛はけっしておわらない そう彼女はいうんだ
    でも、きみとぼくとのことをしったら、それもどうなのかな


    ああ、だって彼女の愛はこごえるほどだ
    それにきづかないかぎり、彼女がきずつくことはない、なぜなら


    あまりにも過剰だから
    きみにふれてほしいのさ


    きみのもとへと
    ぼくはむかう
    この感情があやまちでないのならば一晩中はしりつづけたっていい
    きみに一直線さ
    彼女はやさしく けっしてぼくにがっかりさせない
    でもぼくを夢中にさせるのはきみさ
    ぼくに生気をあたえてくれるのさ


    彼女の愛はほんものさ
    でもそれがあるばっかりにたやすくきみとの愛におちてしまう


    ぼくはきめた
    きみにふれてほしいのさ


    きみのもとへと
    ぼくはむかう
    この感情があやまちでないのならば一晩中そこにいてもいい


    きみのもとへと
    ぼくはむかう
    この感情があやまちでないのならば一晩中はしりつづけたっていい
    きみに一直線さ


    「きみのもとへとはしる / Run To You」という直情的な題名だったから、直裁な歌詞だとばかり思っていたら、歌詞の背景にはもっと複雑なモノがあったのですね。

    "Run To You" (lyrics is here) from the album "Saviour" by Rage

    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ