<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブリジット・バルドー / Brigitte Bardotのコスプレをして、「ハーレイ・ダヴィッドソン / Harley-Davidson」を歌ってみたるいです | main | まぢかる☆なかむらさんを紹介します! >>

短歌:『眼球譚』ヲ読ミテ詠メル:dedicated 2 Georges Bataille

0

    この愛は 行方も知らぬ 貪らば 臀より流るる 乳の泡立ち
    るい詠める


    4 "Histoire de l'Oeil"

    訳;
    Though I do not understand where whereabouts of our love go for,
    I love you to covet it very much.
    Milk flowing from my buttocks bubbles.
    この愛の行方はどこに向かうのか解らないけれども、わたしは貪る様にあなたを愛している。お臀から流れている牛乳が泡立っているよ。
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : tanka * 14:58 * comments(4) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 14:58 * - * - * -

      comments

      >にょろこさん

      >どうしてこの唄が頭に浮かんだのだろう・・・
      わたしも、不意にこの曲を憶い出す時があります。喜怒哀楽とかいう感情のあらわれる時よりも、ぽっかりと空白なすきまが出来た時に、聴こえる様です。

      >ツールを使いこなせない
      わたしもよくわかっていなくて、無謀にも、これをクリックするとどうなるのかなってやってみて、それが己の想定外の効果が出た時に採用する、そんな交通事故の様な形でアプローチしてます(だから、きっと同じ事は二度出来ないと思います)。

      >でも機会があったら、以前作ったCDジャケットとか
      ブログに載せてみますね
      はい! 愉しみにして、発表の機会を待ってます。
      Comment by るい @ 2006/09/14 2:12 AM
      >Why does the sun go on shining?
      >Why does the sea rush to shore?
      >Don't they know it's the end of the world,
      >`cause you don't love me anymore?


      まさにこれです!わー さすが類さん
      うれしいなー 同じ曲を知っているって。
      彼女のけだるい声も素敵ですよね
       どうしてこの唄が頭に浮かんだのだろう・・・

      イラレは・・、類さんほどツールを使いこなせないので
      稚拙です。 でも機会があったら、以前作ったCDジャケットとか
      ブログに載せてみますね
      Comment by @ 2006/09/14 1:52 AM
      >にょろこさん
      わたしが口ずさめる「The End of the World」の冒頭はこれです。にょろこさんのおっしゃるのはこれですか?
      (googleで観たら同名の歌多いみたいですね?)
      >Why does the sun go on shining?
      >Why does the sea rush to shore?
      >Don't they know it's the end of the world,
      >`cause you don't love me anymore?

      イラスト自体は、バタイユの『眼球譚』のエピソードを殆どそのまんまイラスト化しただけです。
      写真は発見するものだけれども、イラストは発明するものだから、ナニもないところからの画像化は難しいですね?

      にょろこさんのイラストも是非、拝見させて下さい。
      よろしくお願いします。
      Comment by るい @ 2006/09/13 8:22 PM
      立て続けにすいません
      この愛の行方はわからないけれど、、>
      ジュディー・ロンドンの「The End of the World」の唄が
      頭を駆け巡りました 大好きだったのに忘れていたジャズの唄です
      類さん、ご存知ですか
       そして またこのイラスト。目を釘付けにする強烈な印象ですね
      短歌からすると、乳、をイメージなさったようですが
      私には「乳」、愛の行方を凝視する「目玉」、
      そして見返りを求めない愛情を注ぐ女性を象徴する
      「子宮」にも見えました

       類さんのイラスト見ていると、もっぱら今
      写真にお熱をあげてる私だけれど
      イラストレーターもちゃんといじくってみようかなって
      思わせてもらえます
       最近、ますます熟練度アップしていませんか。
      芸術は爆発だー(古いなー あたし)
      Comment by にょろこ @ 2006/09/13 7:11 PM
      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ