<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『ゆがんだ円弧:Irregular Circles』 | main | 『ふたあつ / Two Something』performed by bonobonos return >>

"Breathing" by Kate Bush(『呼吸』 by ケイト・ブッシュ)

0
    メロディからの印象で美しいラヴ・ソングだとばかりに思ったのですが。


    そとから
    なかへと
    彼女の皮膚をとおる
    そとへとでるまえに
    でもそのほうがずっとあんぜんなの


    昨夜の空は
    こんなにもかがゆかんばかり
    レーダーは危険を感知しているけど
    直感にしたがって現状を維持する


    いきをする(すってはいてすってはいて)
    いきをする
    母がするように
    愛するひとがするように
    いきをする
    烟草をのむように
    いきをする
    放射性物質を
    すってはいてすってはいて


    絶好の機会をうしなったわたしたち
    最初にして最後のわたしたち
    爆風のあとに
    プルトニウムの破片が
    だれの肺の中でも輝いている


    わたしは愛する
    愛すべきひとを
    すべてのそしていたるところの
    それができるのはおろかものだけ
    なぜなら あなたもわたしも
    人生とはなにかをしっているからだ


    (それなしでどうしろというのだ)
    ああ どうか
    (それなしでいきていけるというのか)
    いきをするのよ
    (それなしでどうしろというのだ)
    せめていきだけでも


    絶望的な光景を描いたとしても、第2連が謎です。事ここに至る前兆を描いたとも思われるのですが、それにしても抽象的すぎるのです。
    第1連が、すったりはいたりするするモノ / Something To Breatheの擬人化だとしても。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ