<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Anita Ekberg in "La dolce vita" | main | 詩『ね汗:Sweat At Night』 >>

『ロレートの聖母』 by ラファエロ・サンツィオ(ラファエロ・サンティ)

0
    母が薄衣をもって、我が子をあやす。老いたる父はそれをじっとみまもる。


    作品名:ロレートの聖母
         Madonna del Velo
    画 家:ラファエロ・サンツィオ(ラファエロ・サンティ)
        Raffaello Sanzio (Raffaello Santi)
    美術館:シャンティイ城コンデ美術館フランス共和国シャンティイ
        Musee Conde,Chantilly,France


    1508年から1509年にかけての作品。
    描かれているのは、幼子イエス / Iesusとその母である聖母マリア / Maria, mater Iesu、そして彼女の夫であるナザレのヨセフ / Iosephus、つまり聖家族 / Sacra Familiaです。
    ですが、そこに宗教的な色彩はあまり、感じません。聖家族 / Sacra Familiaと謂う特定の、もしくは特殊な関係にある人物達を描いた作品とはみえないのです。

    我が子をみつめるふたりの人物の視線、母親の差し出す薄衣に戯れる幼児の仕草と表情、とても自然で普遍的なモノにみえます。敢えて謂えば、父である男性が高齢であるが故に、幼児の父親と謂うよりも母親の父親にみえなくもありません。

    勿論、よくみれば、ふたりの人物の頭部に光輪 / Aureolaが輝いている事から、このふたりの聖性をみてとる事は可能です。でも、逆に謂えば、それしかないのです。

    下に掲載するのはミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ / Michelangelo Merisi da Caravaggioによる『ロレートの聖母(巡礼者の聖母) / Madonna di Loreto (Madonna dei pellegrini)』。1604年頃の作品。
    題名こそ上の作品と同じですが、描かれている題材は違います。ロレート / Loretoを訪れた巡礼者達の前に、聖母子 / Sancta dei genitrixが顕現したその奇蹟を題材としたモノです。
    ちなみに、上の作品に、ロレート / Loretoのと謂う形容句がつくのは、本作品の模写作品がロレート / Loretoサントゥナリオ・デッラ・サンタ・カーザ / Santunario della Santa Casaに収蔵されていたからです。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : art * 10:32 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 10:32 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ