<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『すきま:A Slit』 | main | 『誰も知らない / Nobody Knows』performed by bonobonos return >>

"Reach Out For Me" by Dionne Warwick(『リーチ・アウト・フォー・ミー』 by ディオンヌ・ワーウィック)

0
    ささやきかけるようなフレーズ「リーチ・アウト / Reach Out」が好きなんです。


    ある日のこと
    周囲のことばで
    なんてちっぽけな存在なのかとおもいしらされる
    そのせいでまるで
    こころのいたみがとまらないかのよう
    しかもそれをうけいれがたいのならば
    批難されてしまう
    だから、すくいをもとめてこのわたしに


    心配しないで あなたをみまもっているわ
    あなたはわたしにてをさしのべればいい
    わたしはそこにいてそしてあなたをなぐさめる
    そう、そうするの
    あなたをいやし、あなたをあいするわ
    わたしがどんなにかあなたをあいしているのか


    あなたのよき友が不実だとわかったとき
    もしくはかれらがあなたに不正をはたらいたとき
    ええ、いやなきぶんよね
    もういきている価値もみうしなうくらい
    戦意をうしなったり棄権をしたくなったら
    ねぇ、すくいをもとめてこのわたしに


    直訳すると「タオルをなげいれたくなって / Could Throw In The Towel」は、ボクシングでセコンドが試合放棄の意思表示をする際にとる行動だから、ちょっとつっこんで解釈してみました。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ