<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『あかいつの:Red Horns』 | main | 『田植 / Rice‐Planting』performed by bonobonos return >>

"Enter Sandman" by Metallica(『エンター・サンドマン』 by メタリカ)

0
    うなされたので。


    祈りをささげるがいい、ぼうや
    そしてわがこよ、決してわすれてはならない
    みんなのぶんも、だ


    さぁなかにはいって、あたたかくしような
    おいたはもうやめにしてな
    砂男がやってくるからね


    かためはあけてねむるんだ
    まくらから掌ははなさないがいい


    あかりからいでて
    夜にまっしぐら
    さぁこの掌をとって
    ネバーランドへ脱出だ


    なにかがまちがっている、あかりをけせ
    今夜はわるい予感がする
    しかもやつらは白雪姫たちではない


    戦争のゆめ、うそつきたちのゆめ
    龍がはくほのおのゆめ
    なにかにかみつかれるゆめ


    ぼくはもうねむりにつこうとしています
    かみさまぼくにごかごを
    めざめるまえにしんでしまったら
    かみさまぼくのたましいをきゅうさいしてください


    ぼうや、しずかに ひとこともくちにだしてはいけないよ
    なにがきこえようともけっしておびえないように
    あいつはいまやねどこのした
    それともとだなのなか、いやいや、ぼうやのあたまのなかかもしれないよ


    いろいろな場所の、いろいろな人物の視点が交錯しています。
    現実にあるこども部屋と、そのこどもが(これから)みるゆめの世界。
    眠るべきこども、眠りにつかせたいおとな、そして砂男 / Sandman ...。

    ネバーランド / Never Neverland」はジェームス・マシュー・バリー / Sir James Matthew Barrie創造のピーター・パン / Peter Panが棲む島で、その語句が登場する連は、そのままその作品の世界を踏襲して、ピーター・パン / Peter Panが眠っている子供達を起こし、その島へと誘っている歌詞、の筈です。
    でも「ぼく達はどこへも逃げ出せない / We're Never Off To Land」とも読めてしまうのです。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ