<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『マヌエール・ゴドイの肖像(オレンジ戦争指令官としてのゴドイ)』 by フランシスコ・デ・ゴヤ | main | "Maybe I'm Amazed" by Wings(『ハートのささやき(恋することのもどかしさ)』 by ウイングス) >>

詩『森のなかへ:Into The Woods』

0
    階段をかけのぼり地上にでてようやく 道をまちがえたことにきづく
    繁華街の中心部なのにそこだけくらい おおきな闇だ
    背後に街の喧騒をかんじる
    でもわたしのめのまえにひろがるのは鬱蒼とした森なのだ
    きらめく星々のなかにやまなりのおおきなくろいかげがたちふさがる

    星がひとつおちる そしてまたひとつ

    その光景をおどろきをもっていつまでもみまもっていたい
    しかしわたしはもどらねばならぬ
    のぼってきたばかりの階段をかけおりて ただしいみちをさがすのだ

    なぜならば あの森のおくへとむかわなければならない
    くらくおおきい 夜のまっただなかへと

    そこではきっとふかい律動がいとなまれているのだ

    しずかに じっと
    さっきから ずっと
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ