<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『しろい階段:Stairs In White』 | main | 『気のいいあひる / A Duck Has Good Of Heart』performed by bonobonos return >>

"You Oughta Know" by Alanis Morissette(『ユー・オウタ・ノウ』 by アラニス・モリセット)

0
    激しい歌です。
    わたしでさえついていけません(笑)。


    これだけはしってほしい、あなたがいてしあわせだった
    わたしがのぞむのはこれだけ、あなたにとっても最善であればそれでいい
    あれはあんときのあたし
    わたしのようにあのおんなもまちがえていた
    映画館ではよくくちでやりたがってたわね
    そしてよくいってたわ
    あなたのこどもがほしいって
    そうね、あいつはほんとによき母になりたかったんだわ


    だってあなたの愛、わたしたちの愛、そんなのありえないじゃない
    あなたを解放してくれるっていうけど そんなのうそよ
    いつもあなたのくちからでるのはあのおんな
    わたしをだいているときのあなたのはなしっぷり、あいつはしっているのかしら
    あなたがいきているいるかぎり、あなたがいるかぎりよ
    いっそのことしんでしまえばいい


    わたしがここにいるのはあなたをおもいだすため
    あなたがいなくなってからしっちゃかめっちゃかよ
    わたしを否定するのはこの際なしよ
    あなたがわたしにおわせた十字架なの
    それだけはしっておいたほうがいい


    あなたはあいかわらずね、なんの問題もないのかしら
    わたしのほうはまったくだめ、それくらいしっておくべきね
    わたしのことはもうおわすれ? 嘘つき弥次郎さん
    食事のとちゅうでさえあなたはほんとうにわずらわしい
    とっとととってかわってそのよこっつらをひっぱたくべきだったわね
    どうせどうやってあのおんなをやっちまおうかっとでもおもっていたんでしょう


    だってそれってわたしのことでしょう、ねているときにいったあの冗談は
    でもわたしはきえもしないしうせもしない
    あなたがめをとじたときに、身をもってしるのよ
    いつもわたしはそのひとの背をひっかくの
    あなたもわかるわ そう、わかってほしいの


    ●「ゴー・ダウン・オン・ユー / Go Down On You」は、正しい? 日本語で謂うと、口の刺激で性的な満足を提供する、と謂う意味です。
    ●「コーズ・ザ・ラヴ・ザット・ユー・ゲイヴ・ザット・ウィ・メイド・ワズント・エイブル / 'Cause The Love That You Gave That We Made Wasn't Able」は関係代名詞のThat節が重複していて、文法的にどう解釈していいのか悩みます。そしてさらに文法的に矛盾のない解釈を前提にして日本語にしようとすると、さらに悩みます。なので、大雑把に(歌の内容に即して意味を)把握して、上の様にしてみました。そんな悩ましさは、ここだけの問題ではなくて、この曲には始終つきまといます。
    ●直訳すると「あなたが死ぬまであなたが死ぬまで、でもまだ生きているのよね / Until You Died, Till You Died But You're Still Alive」は、日本語ではこおゆう表現はしないよなぁと思って、順番をひっくり返してみました。かえってつよい表現になってしまったかもしれません。
    ●直訳すると「二枚舌氏 / Mr. Duplicity」とでもなるのでしょうか。普通名詞である「欺瞞 / Duplicity」を固有名詞の様にして表現しています。日本語で嘘つきの代名詞と謂えば狼少年 / The Boy Who Cried Wolfですが、この場合、ミスター / Mr.と敬称で読んでいるから相応しくないなぁと捜したところ、落語 / Rakugoの演目に『嘘つき弥次郎 / Yajiro, The Liar』がある事を知りました。かえってわかりにくくなったかもしれません。
    ●直訳すると「わたしの以前のヴァージョン / An older Version Of Me」は、韻が踏みたかったので、上の様にしました。日常での会話に登場する分には、「わたし / Me」も「あたし / Me」も大して違わないと思うのですが(実際は" ...たし"って発音している様な気がする)いざ文章上に顕れると、後者は独特な強い主張をしている様に思えます。
    ●この曲に何度も登場する「彼女 / She」と謂うのは具体的に存在しているのでしょうか? 歌の主人公である自分自身を客観的に表現している様な気がしてならないのですが。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ