<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『コンサート』 by ピエール=オーギュスト・ルノワール | main | "You Oughta Know" by Alanis Morissette(『ユー・オウタ・ノウ』 by アラニス・モリセット) >>

詩『しろい階段:Stairs In White』

0
    階段が窓からみえる どこのビルにでもある非常階段だ
    だからひとののぼりおりはほとんどない

    それでも時折、かつんかつんとおおきな音がひびく
    それは必要以上におおきい
    そのくせだれもがくちをとじ、おしだまっている

    かれらをビルの正面でみかけることはない
    きっとゆるされていないのだ
    うらがわの陽もあたらない階段をゆっくりといききする
    くらいかおをしているのはきっとそのせいだろう

    だからいま、踊り場で笑顔をふりまいているあの少女はきっと
    いまにいずまいをただすにちがいない
    いかに場ちがいなのかようやくのこと きづかされるのだ

    そして数年後、沈鬱な表情でここをいききする
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ