<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『どろ:Mud To Mud』 | main | 『キャンプファイヤーの歌 / A Song For The Campfire』performed by bonobonos return >>

"Fast As You Can" by Fiona Apple(『一刻一秒(ファースト・アズ・ユー・キャン)』 by フィオナ・アップル)

0
    警告の歌?
    でも、本当に字義通りに解釈してしまっても、いいのでしょうか?


    けだものをむかえいれるのは時期尚早なのね
    でも、こいつの舌にわたしの掌をしゃぶらせないではいられないの
    いつでも、いまでもこいつとはたたかっている
    あなたは、あなたはなんてこんなにやさしいの
    あなたはへんだとおもっているのでしょう
    わたしがくるっていると
    おびえてなんかいやしない、あなたはそういうわね
    うん、あなたはここにいる
    でもわかっている
    あなたにはそうしてほしいの


    だから、できるだけはやく
    にげて、わたしから自由になって
    できるかぎりよ


    あなたの掌があるかぎりわたしはおとなしい
    でも、たたかいにうえてしまうのはもうまもなくのこと
    しかもあなたを勝者にはさせない
    わたしのかわいいくちびるがことばをつむぎだすの
    そうしてあなたのよってきたるものをなきものにする
    あなたのおもいのままに、あなたの胸のもとに
    わたしを一網打尽にできるのかしら


    だから、できるだけはやく
    わたしへのおもいをけして、わたしからのがれるのよ


    わたしのこころが微動だにしない、そんなときもあるの
    でも、ゆれうごいたり、気がかわったりしてばかり、たいがいは、ね
    ここでのぼりつめるんだ、そんなこともあるにはあるけど
    さもなきゃ、おちこんでしまう、へんなはなしだけど


    あなたのおんなになってもいいのよ、それでよろこんでくれるのならば
    それであなたはわたしにクスリをくれる
    あなたがよろこんでさえくれれば、わたしはあなたの愛玩物よ
    だって、かんがえるのもう、めんどくさくなっちゃった、なぜなぜなぜ、そんなことばかり
    もとめているのはほんのすこしの理由よ、だって、そうでしょう


    そうしてけだものをむかえいれるの
    こいつをゆるすのももうこりごり、でもそれでもはやすぎた
    なんどもなんどもなんどもなんどもなんどもたたかって
    そうしてしばらくしたら
    はためく風にあおられてまいあがって、この不毛の地をあげつらうのよ
    でもあなたにちっとはましなかんがえでもあれば
    わたしもきっと開花するわよ


    だから、できるだけはやく、わたしをみて、もういなくなるから
    そう、わたしもできるだけはやく、たぶんもうおそい、でもすくなくとも、まだ
    だから、できるかぎりはやく、わたしからはなれて、なにもかもなりゆきにまかせて


    ブリッジの「サムタイムス・マイ・マインド〜 / Sometimes My Mind〜」の連は、セックスしている際の心情なのかなぁとおもったりもするのですが、それを前提にした上で、日本語にする能力がないので、隔靴掻痒な気がしているのです。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ