<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『雨がやむとき:Letting Up』 | main | 『夕方のおかあさん / Mother In The Evening』performed by bonobonos return >>

"Me And Julio Down By The Schoolyard" by Paul Simon(『僕とフリオと校庭で』 by ポール・サイモン)

0
    from the album "Paul Simon" by Paul Simon

    かあさんはベッドからでてそのままパジャマ姿で
    交番へといそいだ
    とうさんは一方、大声をあげたじぶんにきづき
    なにがおきたかとさっそくしらべはじめた


    それは法にそむくものだった
    かあさんがみたもの
    それは法にそむくものだった


    かあさんはうつむきつばをはいた
    わたしの名をよぶときはいつもだ
    とうさんはあの小僧つかまえたら
    この家に閉じ込めておくといった
    だからわたしはわがみちをいく
    どこへいくのかはわからない
    いそがずゆっくりとわがみちをいくのだ
    どこにつくのかはわからないけど
    さらばロージー、コロナ校の女王
    ばいばい、わたしとフリオは
    この校庭でおわかれね


    数日はすきなようにする
    でも報道にはしられてしまう
    急進的な指導者があらわれて
    わたしを解放してくれる
    わたしたちはニューズウィークの一面をかざる
    だからわたしはわがみちをいく
    どこへいくのかはわからない
    いそがずゆっくりとわがみちをいくのだ
    どこにつくのかはわからないけど
    さらばロージー、コロナ校の女王
    ばいばい、わたしとフリオは
    この学校ともおわかれね


    "女性目線"で解釈してみました。
    「ザ・クィーン・オヴ・コロナ / The Queen Of Corona」をコロナ校の女王、つまり、その学校一の人気者と解釈するのは乱暴でしょうか?

    from the album "On Your Sleeve" by Jesse Malin

    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ