<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『まどろみ:Slumber At The Dawn』 | main | 『どちらにしようかな / Eeny, Meeny, Miny, Moe』performed by bonobonos return >>

"Happy House" by Siouxsie And The Banshees(『ハッピー・ハウス』 by スージー・アンド・ザ・バンシーズ)

0
    歌の主題は前回と同様 ... なのかなぁ?


    ここがしあわせの家、ここではわたしたちみんなしあわせ
    しあわせの家では、こんなにもたのしい
    しあわせの家にやってきてあそんでいるの
    そして一日中ここですごす
    たとえ雨がけっしてふらないとしても


    しあわせの家にやってきておおごえでさけぶ
    しあわせの家でゆめまどろむ
    でもわたしたちはまともよ
    ここがしあわせの家、ここではわたしたちみんなしあわせ


    ここがあなたの部屋よ なにをしたいの さぁおっしゃいなさい
    でもいいえとはいわないこと さもなければここからでていってもらうから
    みんなできをつけていればけっしてまちがったことはしないはず
    ここは安全で平穏 さあうたいましょう
    ここがしあわせの家、ここではわたしたちみんなしあわせ
    われをわすれ、なにもかもがだいじょうぶ そんなそぶりをするの
    だってここは地獄じゃないから


    まどからあなたをみまもっているからね

    直訳すると「決して雨は降らない / It Never Rains」になるのですが、この句を使った熟語に「降れば必ずどしゃぶり / It Never Rain But It Pours.」と謂うモノがあります。それを前提にして考えるとここの歌詞には随分と含むモノがある様な気がします。例えば、"ひどいことばかりがおきたとしても"みたいなニュアンスになるのでしょうか。
    「ブリンカー / Blinkers」には幾つもの意味があって悩みます。しかもその意味するところが両極端とも謂えます。大雑把に謂ってしまえば"ウインカー / Winker"と"ブラインダー /blinder"。前者が自動車にある方向指示器で後者が乗馬の際に使う馬の目隠しです。しかも、この曲ではどちらの意味でも通用しそうな気がするのです。ここでは前者と解して上の様にしていますが、仮に後者だとしたら、"みんなでみてみないふりをしていれば云々"とでもなるのでしょう。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ