<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『無題、あるいは静物』 by パウル・クレー | main | "Happy House" by Siouxsie And The Banshees(『ハッピー・ハウス』 by スージー・アンド・ザ・バンシーズ) >>

詩『まどろみ:Slumber At The Dawn』

0
    ここにあるのはなんだろうか
    おわりとはじまりがであうそのとき

    きのふへのくい
    けふへのをののき
    そしてあすへのきざし

    じっとここでたえているのは
    わずかばかりだが まだ 執着があるせいだ

    (達観の境地へとたどりつけばここでのこのときがとわとつづくのだろうか)

    陽はのぼる さもなければ 雨はふりつづける

    あらゆるものをみはるかす大地にあれば きっとちがうのだろう
    ここでのぞむのはむりだ
    にごったひかりのなかで そのときをまつだけなのだ

    そうしてまたあさをむかえたわたしの
    じっとりとあせがにじんだそのあと 即座にながれおちる
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:01 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ