<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< "Ordinary World" by Duran Duran(『オーディナリー・ワールド』 by デュラン・デュラン) | main | 短歌:初霜月ニ詠メル >>

『里ごころ / Pining For My Home』performed by bonobonos return

0
    笛や 太鼓に さそわれて
    (o" ´uωu)ノ" (o" ´uωu)ノ"
    山の祭に 来て見たが
    "ヽ(uωu` "o) "ヽ(uωu` "o)
    日暮は いやいや 里恋し
    "(uωu` "人" "人" ´uωu)"
    風吹きゃ 木の葉の 音ばかり
    "人" ´uωu)" "(uωu` "人"
    母さま恋しと 泣いたれば
    "ヽ(uωu` "o) "ヽ(uωu` "o)
    どうでもねんねよ お泊りよ
    (o" ´uωu)ノ" (o" ´uωu)ノ"
    しくしくお背戸に 出て見れば
    "人" ´uωu)" "(uωu` "人"
    空には寒い 茜雲
    "(uωu` "人" "人" ´uωu)"

    雁 雁 棹になれ
    (o" ´uωu)ノ" (o" ´uωu)ノ"
    さきになれ
    "ヽ(uωu` "o) "ヽ(uωu` "o)
    お迎いたのむと 言うておくれ
    "(uωu` "人" "人" ´uωu)"

    里ごころ / Pining For My Home』は作詞:北原白秋 / Hakushu Kitaharaによります。詩作品として1921年に発表されました。
    "( ´・ω・) ( ´・ω・)"
    ウンウン ナルホドナルホド

    作曲者はふたりいます。と、謂うか、同じ詩作品を許に、異なるふたりの作曲者が各々、別々の楽曲を作曲します。
    同じ題名で同じ歌詞、でも違う曲が2曲存在するのです。
    "( ;´・ω・) ( ;´・ω・)"
    ウ ウン ナ ナルホド

    そのふたりの作曲者とは、中山晋平 / Shinpei Nakayama弘田龍太郎 / Ryutaro Hirotaです。どちらも詩の発表の翌1922年に発表しました。前者に関してはこちらの頁を、後者に関しましてはこちらの頁を参照願います。
    "( ´・ω・) ( ´・ω・)"
    ウンウン ナルホドナルホド

    どうしてこう謂う事態が起きたのか、そして、どちらが先に作曲し発表したのか、それぞれの初出が解れば、具体的な事が解るとは思うのですが、残念ながら詳しい情報は発見出来ませんでした。
    ちなみに許となった詩作品の初出も解りません。
    "( ;´・ω・) ( ;´・ω・)"
    ウ ウン ナ ナルホド

    もうすっかり秋めいてきましたよね。そんな光景が丁寧に織り込まれています。
    お盆で帰省したとして、もう数ヶ月。次の帰省がお正月だとしたらちょうど折り返し、と謂うかまだまだ先の事ですよね。ちょうど、そんな時分の心情が秋ならではの光景と照応している様にも思えます。
    "( ´ω`)" "(´ω` )"
    キレイニ マトメマシタネ
    ヒサシブリニ オシゴト シマシタヨネ

    (なんか、むっとするなぁ)わたしも懐具合が寂しくなってきたので、次の連休には帰省しようかしら?
    "( ´uωu)" "(uωu` )"
    ココロガ サビシイ ノデハナクテ オサイフノ ナカミガ サミシインデスヨネ
    ソシテ キット オナカモ スイテイルト オモイマス


    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ