<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『ひき潮:Low Water』 | main | 『気球に乗ってどこまでも / Going Forever On The Balloon』performed by bonobonos return >>

"Everybody's Talkin'" by Harry Nilsson(『うわさの男』 by ハリー・ニルソン)

0
    邦題はこれでいいのでしょうか。
    だって、その男って自分自身をさしているのでしょう?


    だれもがぼくのことをかたりたがる
    そんなのぼくはきこうともしない、みんなのことばなんか
    ぼくのこころにひびかないかぎりは


    ひとびとはたちどまったりゆびさしたり
    そんなのぼくはみようともしない、みんなのかおなんか
    うつろな眼がかがやいているだけだもの


    ぼくがめざしているのは陽のあたる場所
    たとえ雨がふってぬれてしまったとしても
    そこにいけばぼくのふくもおにあいになるさ


    きたかぜをさけるように
    なつのかぜにおよぐ
    小石がみずをきるように大海をわたるのさ


    ぼくの愛をおきざりしていくわけにはいかないよね
    うん、きみをおきざりになんかするものか


    曲調はいたって爽やかなのですが、どこかに苦みや痛み、そしてかなしい決意が潜んでいる様にも響きます。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ