<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『窓のそと 部屋のなか:Out Of The Window, In The Room』 | main | 『野菊 / Wild Daisy』performed by bonobonos return >>

"We Can Work It Out" by The Beatles(『恋を抱きしめよう』 by ザ・ビートルズ)

0
    歌い出しのポール・マッカートニー / Paul McCartneyのフレーズが格好いいなぁと思って聴いていると、突然ジョン・レノン / John Lennonが顕れて、クールに突き放すのです。


    ぼくの立場をはっきりさせると
    一体、いつまで、はなしつづけなければならないんだい
    それをふまえればきみの立場は
    ぼくたちの愛情がおわってしまう、それにきづいてしまう、それを承知とすることさ


    ぼくたちはまだ、やっていけるさ
    まだだいじょうぶ、やっていけるって


    きみのいいたいことはつまり
    わるくものごとをみて、それで一事が万事だとおもっているんだろう
    ぼくのいいたいことはつまり
    ぼくたちはやっていけるってこと、それをきちんとしること、さもなけりゃおやすみの挨拶さ


    ぼくたちはまだ、やっていけるさ
    まだだいじょうぶ、やっていけるって


    人生なんてあっというま、だから
    おおさわぎしたりおおげんかしたりするひまなんかないのさ
    そんなこと犯罪にひとしい、とつねひごろおもっているんだぼくは
    だから、いちどだけきみにおねがいするんだ


    ぼくの立場をはっきりさせると
    ぼくがただしいとかぼくがまちがっているとか、そんなこというのは、それはいちどこっきりのことさ
    それをふまえればきみの立場は
    こんなことがながながとつづくそのまえに、とっととおわらせちまう、絶好の機会なんだろう


    ぼくたちはまだ、やっていけるさ
    まだだいじょうぶ、やっていけるって


    人生なんてあっというま、だから
    おおさわぎしたりおおげんかしたりするひまなんかないのさ
    そんなこと犯罪にひとしい、とぼくがつねひごろおもっている
    だから、もういちどだけきみにおねがいするんだ


    きちんと丁寧に、恋人を説得しその了解を得ようと試みるポール・マッカートニー / Paul McCartneyの声を裏切るかの様に、ジョン・レノン / John Lennonが加わるコーラス部では、恋人を突き放していますよね。
    てか、寧ろ、こっちが本音?
    (ざっくりと意味を把握しているだけなので、語句に対して忠実に訳している訳ではありません。)


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ