<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『発熱:Having A Fever』 | main | "trick or treat" in Halloween 2017 >>

"Poor Poor Pitiful Me" by Linda Ronstadt(『私はついてない』 by リンダ・ロンシュタット)

0
    当人にとっては悲劇なのでしょうが、語り口から喜劇に思えて仕方がありません。


    線路のうえにあたまをのせて
    列車が通過するのをまってみる
    でもここには汽車は二度とこないんだって
    ああなんてかわいそうなわたしなの


    あわれむべきとはわたしのこと
    かなしむべきとはわたしのこと
    あのこ達ならほっとかない
    神よわたしにあわれみを
    むべなるかな 悲劇の主人公とはわたしのこと


    ハリウッドであるおとことであった
    匿名にしておくわ
    ええ、ほんとによくしてくれたわ
    まるでジェシー・ジェイムズみたいに
    そう、そいつのせいでひどいめにあったの
    おとこであること それがやつのほこりなのね
    いい経験になったわ
    粉砕機でこなごなになったきぶんよ


    あわれむべきとはわたしのこと
    かなしむべきとはわたしのこと
    あのこ達ならほっとかない
    神よわたしにあわれみを
    むべなるかな 悲劇の主人公とはわたしのこと


    ビュー・ブローニュであるぼうやにであった
    横浜にあるのよね
    そいつったらわたしをかかえあげたかとおもったらほうりだし
    こういったのよ
    おかあさま、ぼくをきずつけないでって


    「ダブル・イー / The Double E」は、文脈から汽車列車の類だろうとは思うのですが、具体的に何を指しているのかが解りません。玩具にダブル・イー / The Double Eと謂うのがあって、もし仮にそれを指しているのだとしたら、洒落がきつすぎます。
    「ネーミング・ネームス / Naming Names」は名を明かすと謂う意味です。
    「ワーク・ミー・オヴァー / Worked Me Over」は酷い目に合わせると謂う意味です。この連には何度も登場する語句なので、最初の句は反語的に表現してみました。
    ジェシー・ジェイムズ / Jesse Jamesは実在した無法者です。
    「クレジット・トゥ・ヒズ・ジェンダー / Credit To His Gender」は、「トゥ・ワンズ・クレジット / To One's Credit」が名誉となって、と謂う意味なのでそこから類推しました。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ