<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< "Nobody's Home" by Avril Lavigne(『ノーバディズ・ホーム』 by アヴリル・ラヴィーン) | main | 短歌:交差点ニテ詠メル >>

『主の祈り / The Lord's Prayer』performed by bonobonos return

0
    天にいます 我が父よ、御名を称えます。
    "( ´uωu "人" "( ´uωu"人"
    御国を この地に来らせたまえや。
    "人"uωu` )" "人"uωu` )"
    日ごとの糧を 与え
    (o" ´uωu)ノ" (o" ´uωu)ノ"
    我らの罪をもゆるしたまえ
    "ヽ(uωu` "o) "ヽ(uωu` "o)
    試みにあわせず 悪より救い出し
    "ヽ( ´uωu)o" "ヽ( ´uωu)o"
    国とちからと栄えは 永久に
    "o(uωu` )ノ" "o(uωu` )ノ"
    主にあり アーメン。
    "ヽ( ´uωu)ノ" ヽ( ´uωu)ノ"
    国とちからと栄えは 永久に
    (o" ´uωu)人((uωu` "o)
    主にあり アーメン。
    "ヽ(uωu` )ノ" "ヽ(uωu` )ノ"
    クリスマス・キャロル / Christmas Carolの『主の祈り / The Lord's Prayer』は作者不詳です。
    歌詞は、『新約聖書 / Novum Testamentum』の『マタイによる福音書 / Evangelium secundum Matthaeum』の第6章 9-13 / Chapter 6 9-13から採られたので、もしかしたら作詞者は12使徒 / The Twelve Apostlesの一人、マタイ / Matthewと謂う事になるのかもしれません。
    "( ´・ω・) ( ´・ω・)"
    ウンウン ナルホドナルホド

    と、謂う様な状況を踏まえての事なのか、日本語歌詞も多様です。時代がはっきりしているのは1880年の『プロテスタント1880年訳』となるのでしょうが、それ以前から翻訳されて歌唱もされている様です。
    より詳しくは『共通訳「主の祈り」に思う』を参照願います。
    "( ;´uωu)" "(uωu`; )"
    マタ テヌキ デス〜
    マタ オサボリ デス〜

    今回の上の歌詞は教文館刊行の『新聖歌』の54番によりました。作詞者や初出、発表年は解りませんでした。
    "( ;´・ω・) ( ;´・ω・)"
    ウ ウン ナ ナルホド

    それでは素敵なクリスマスをお迎えください。
    "ヽ( ´ω`)ノ" "ヽ(´ω` )ノ"
    ボクタチモ ステキナ クリスマス デス〜
    ルイサンカラノ プレゼントト ゴチソウデス〜

    それでは素敵なクリスマスをお迎えください。
    "ヽ( ;´ω`)ノ" "ヽ(´ω`: )ノ"
    ダカラ ボクタチモ ステキナ クリスマス シタイデス〜
    ダカラ ルイサンカラノ プレゼントト ゴチソウ タノシミデス〜

    大事な事なので2回謂いました。以上。
    "( ;´uωu)" "(uωu`; )"
    コトシモ クリスマスハ オアズケ デス〜
    ルイサンニ キタイシテハ ダメナノデス〜

    "The Lords Prayer" sung and performed by Mahalia Jackson
    for the movie "Jazz On A Summer's Day" directed by Bert Stern

    るい rui, the creature 4 =OyO= * works : bonobonos * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ