<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『コンポジション IV』 by ワシリー・カンディンスキー | main | "Melt!" by Siouxsie And The Banshees(『メルト!』 by スージー・アンド・ザ・バンシーズ) >>

詩『児童公園:At A Children's Park』

0
    毎日かようみちぞいにそれはある
    花々と石垣にかこわれた階段をとんとんとのぼったそのさきだ
    はれた日はさらにはれがましく
    あめの日はさらにさびしげに
    わたしのかようみちをいろどっている

    だけれどもふしぎなことにそこにだれかがいたためしはない
    主役はおろか脇役すらも

    たまたまそんな時間なんだろう あなたはそういう
    あさとゆう、たしかにわたしがそこをとおる時間はきまっている
    だけれども

    四季おりおりで彩られる庭は なぜかこばむものがある
    わたしたちをじっとそこでうかがっているのだ
    それゆえに だれもふれない遊具のかずかずはいつでも
    そこにもうけられた当時のまま 原色をほこっているのだ
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ