<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『カラスのいる麦畑』 by フィンセント・ファン・ゴッホ | main | "Don't Let Me Down" by The Beatles with Billy Preston(『ドント・レット・ミー・ダウン』 by ザ・ビートルズ・ウィズ・ビリー・プレストン) >>

詩『パネル:Panels』

0
    罫線がいくつも直行していればそれは将棋盤
    くろしろにぬりわけてあればチェス・ボード
    碁盤ってどういうのだっけ?

    わたしの足許にあるのは微妙な多角形であって
    しきつねられたそれらは、しかもうねうねとどこまでもつづく
    それはここが水平ではない証拠 将棋もチェスもできない場所
    つまりわたしはアリスでもない

    もしも多角形がまじわる交点から芽ばえていれば
    いつかここは森になる
    でも、それまでわたしはまっていられるだろうか

    陽がのぼれば朝なのだろうし
    風がふけばわたりどりもまうかもしれない
    しかし、さっきからずっと薄明なままなのであった

    そんな場所におきざりにしたあなたに だから問う
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ