<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『詩人に霊感を与えるミューズ』 by アンリ・ルソー | main | "Whatever Gets You Thru The Night" by John Lennon(『真夜中を突っ走れ』 by ジョン・レノン) >>

詩『ぬるいみず:Water Tepid』

0
    ずっとこのままだった
    みずのなかのぼく
    肢体はさっきからうごくことをやめ
    ただそこにあるだけなのだ

    感覚はある
    だからここにいることはわかる
    だがここがどこだかわからない

    時がとまったようだ そういえばいいのか
    きっとだれもが納得してくれる
    そして夢の醒めるのをまてばいい

    いつか陽がのぼるかもしれない
    いつか月がみちるかもしれない
    だがそれをぼくがみるときはくるのだろうか

    いま、ゆっくりとながれはじめる
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ