<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『むらさき:Purple』 | main | 『からたちの花 / Flowers Of Trifoliate Orange』performed by bonobonos return >>

"Sweet Emotion" by Aerosmith(『やりたい気持ち』 by エアロスミス)

0
    かつての邦題はいかがなモノか、そうおもって挑戦したのですが。


    むらむら、きちゃうね

    あんなことやこんなことをはなしてもだれもとがめない
    だれもきたこともないようなものをはおってばかりいる
    おまえはおれをよぶが、そのまえにはっきりさせたいことがある
    もう、こんなところにはいられない、せいぜいあと1年だ


    ひねた牝豚はいっぱしのおんなきどりだ
    そいつらがいうには、とっとといきやがれ、さっさとうせろ
    そう、そいつはいいしらせだ、あのおんなはおおぼらふきのこんこんちきさ
    だって、楽屋裏でてめえのパンツにひをつけたっていうじゃあないか


    わくわくもするさ

    パトカーで護送されてまちにはいったおれ
    きさまのおやじにいわせりゃ、しょうしょうやりすぎたんだ、と
    おまえがいうのはかんけいないことばかりで、おまえのおんなはうそつきだ
    もうおまえのあいてはしないからな、はらぼてなんだろう
    それにちがいねぇ


    けつをふってるてめえのましょうめんにたってよ
    おれといっしょに楽屋裏にはいれば、なんでものめるさ
    おれがなんかいえば、もうおわかりだよな
    ひとつきもたびにでれば、おまえのいいなりってわけさ


    曲名でもある「スウィート・エモーション / Sweet Emotion」は、もう少し、ロマンティックな解釈が出来ないかなぁと当初は思ったのですが、その前後の歌詞にそれを望むのは無理な様です。
    但し、楽曲の解釈のひとつとして、心情的には「スウィート・エモーション / Sweet Emotion」なのだけれども、その現実はこうなってしまうとか、恋愛の駆け引きとして「スウィート・エモーション / Sweet Emotion」を呈示するけれども実際はこうだとか(うっ、最低なやつ)だとかと謂う、2者の落差を描写したモノと謂うのはあり得ると思うんですよね。
    でも、その解釈を訳詞と謂うかたちでは示せないのです。

    「アイ・トゥク・イット・ジャスト・ア・リトル・トゥ・ファー / I Took It Just A Little Too Far」は、成句に「テイク・イット・トゥ・ファー / Take It Too Far」と謂うのがあります。行きすぎる、無理する、過剰反応すると謂う意味です。
    「ザ・ラビット・ダン・ダイド / The Rabbit Done Died」は、成句に「ザ・ラビット・ダイド / The Rabbit Died」があります。妊娠すると謂う意味です。こちらに説明があります。
    「アイル・ビィ・イートン・ユア・ハンド / I'll Be Eatin' From Your Hand」は成句に「イート・アウト・オヴ・ア・パーソンズ・ハンド / Eat Out Of A Person's Hand」があります。[人の] いいなりになる、と謂う意味です。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:04 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:04 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ