<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『神の祈り』 by 関根正二 | main | "Polly" by Nirvana(『ポリー』 by ニルヴァーナ) >>

詩『5月に憂鬱:Melancholy In May』

0
    この春にであったひともいまは毎日のようにあう
    この春にはじめようとおもったことは結局おもったままだ
    かわることとかわらないこと それがはっきりとわかるのがいまだ

    はれたらはれたでさつきばれとよび
    ふったらふったでさみだれとよぶ
    いったい、なにをいとしくおもっているのか
    それともそんな些事にだけかまけていたいのか

    そろそろそれはかたちをなすべきときであり
    そろそろそれは成否がわかるそのときだとしたら
    右顧左眄したそのうえで右往左往するばかりなのだ
    よのなかはきっとそう おそらくそれでせいいっぱい

    それではわたしはそれをただ傍観していればいいのだろうか
    それだからわたしはそれに翻弄されてしまうばかりなのだろうか

    そんな生活は かたすみですこしづつすこしづつ おぼろげながらにあきらかになっていくのだ
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ