<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『画家のアトリエ』 by ギュスターヴ・クールベ | main | "Willow Weep For Me" by Nina Simone(『柳よ泣いておくれ』 by ニーナ・シモン) >>

詩『くろいみず:Black Water』

0
    わたしのからだにふかくしずかによどんでいる

    身をきればながれるのはあかい血だ
    かなしみになみだすればあおい涙だ
    とんではねてにじむのはさわやかな汗だろう
    けっしてくろくはない けっしてあふれだすこともない

    だけれどもその日いちにちがおわればしずかに蓄積される
    そしておりとなってわたしをせめるのだ

    もちろんその主張を無視するのはかんたんだ
    そしてほとんどのひとがそうしてくらしていきている

    ひとはそれを経験ともよび たまりにたまったにこごりのようなそれを
    ことほいでいる

    そうおもえばおもうほど、よどみはふかく
    くぐもったこえとしてからだのなかにひびくのだ

    それでいいのか、と
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ