<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『6月:Rainy June』 | main | 『どんな色がすき / Which Colour Do You Like?』performed by bonobonos return >>

"Antonio's Song (The Rainbow)" by Michael Franks(『アントニオの歌』 by マイケル・フランクス)

0
    鬱陶しい梅雨空には爽やかなボサノヴァ / Bossa Novaを。
    と、思っていたら、意外と死の匂いが濃厚なのです。


    アントニオはフレーヴォをおどるようなくらしぶりだ
    アントニオは真実をねがっている
    アントニオはいう
    ぼくたちの友情はまじりっけのないものだと
    リオで円弧をえがいていた禿鷹は
    いまではロスのそらをさまよっている
    原住民に毛布をあたえるのは
    彼等がしぬときだけなのだ


    でもながくわすれたそのうたを
    うたいだせば
    そこに音楽があり
    虹のようなともしびがさすのだ


    おどりをわすれたわけではない
    まだすくいはあるはずだ
    このいましめをときはなち
    虹のようなともしびをかざすのだ


    アントニオは砂漠を愛するいっぽうで
    アントニオはあまごいをする
    いたみをしってこその
    よろこびであると


    ぼくののぞみのほとんどは
    カリフサでうしなわれてしまった
    アントニオはぼくをサンバへとさそい
    アマゾンへとみちびく


    フレーヴォ / Frevoとは、その後に登場するサンバ / Samba同様、踊りの一種です。
    ところで「痛みの子 / The Child Of Pain」とは、なんでしょうか。とりあえず、上の様な解釈をしてみましたが?


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ