<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『デメトリオス1世(ブロンズの若者の頭部)』 by anonymous | main | "Antonio's Song (The Rainbow)" by Michael Franks(『アントニオの歌』 by マイケル・フランクス) >>

詩『6月:Rainy June』

0
    陽のささぬ朝
    もうすぐにもふるだろう

    街は夏の予感でいっぱいだ
    あせっているのか
    それともそれにあおられているわたしなのか

    ひとつひとつの些事をいつもより丁寧にくりかえす
    それでも時間はあまる
    くらい部屋のまんなかから うらめしそうにまどのむこうをみる
    ぐづついた天気でいくつかがさきのばしなのだから

    やかんのわくおとがする
    そう あそこはいつもこの時間
    はれてもてってもふってもくもっても
    なぜそれができないのだろう

    そうおもってもうしばらくここにすわっている
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ