<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ピンクの天使』 by ウィレム・デ・クーニング | main | "Crowds" by Bauhaus(『クラウズ』 by バウハウス) >>

詩『あるおんな:About An Woman』

0
    ひとりのおんなのことがきになってしかたがない
    それはわたしのてきではない わたしとは一切かんけいのないおんなだ

    そのおんなはわたし自身をさすのでもなく わたしの幻想でもない
    だがたえずわたしにつきまとい それだけでわたしはとてもきがかりだ

    ずいぶんむかしから存在にきづいてはいるがもちろんわたしの肉親でもない
    だからといっておさななじみでもないようだ

    ことあるごとに彼女のたちいふるまいがみえてくる
    わたしではないあのおんなならば一体、なにをどうするのだろう
    そんなことばかりにとらわれてしまう

    もしもそいつがわたしの愛人ならばもうすこしきらくだ
    わたしのおもいをうけとめるのかうけとめてくれないのか
    きっとそれだけのはなしだ

    彼女はわたしの存在をしることもなく そしてそれゆえに彼女は自由だ
    ねたましいのはきっとそこに理由がある
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ