<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『青いドレスのマルガリータ王女』 by ディエゴ・ベラスケス | main | "Sweet Dreams (Are Made Of This)" by Eurythmics(『スイート・ドリームス』 by ユーリズミックス) >>

詩『空白:A Blank Point』

0
    ふときづくともうこんな時間 そのかん、わたしは一体なにをやっていたのか
    ずるずるっとたぐりよせる記憶には整合性がいっさいない
    そんなことにそんなにもながい時間、かかずらってきたのか

    あれとあれとあれとあれをやるそのあいだ、そうそのあいだだ

    もちろん、ひとつおわってひとつはじまるそのあいだに、むだなときはある
    それがなければすこしつらい それがあるからやっとやりすごせる
    しかしすでにそれは自覚している

    ふときづくとわたしはそこにいる そのまえはあそこにいた
    そのあいだがぽっかりとあいている

    なにもなければそれで心配
    わたしは意識もうしなってそこにきてしまったのか

    とどこおおりなくなされていればそれで不安
    わたしは無意識のうちにすべてをとりおこなってしまったのか

    いずれにしてもおもいかえすこともできない
    そうして記憶のそこのぬけおちたあなばかりがいくつも わたしのあとにつづいている
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ