<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『錠前:A Key And A Lock』 | main | 『しまうまグルグル / From A Zebra Roll Up』performed by bonobonos return >>

"I Only Want To Be With You" by Dusty Springfield(『二人だけのデート』 by ダスティ・スプリングフィールド)

0
    ベイ・シティ・ローラーズ / Bay City Rollersがオリジナルとばかり思っていたら、ダスティ・スプリングフィールド / Dusty Springfieldのデヴュー曲でした。


    あなたを愛すると一体、なにがはじまるの
    わかっているのはこれだけ わたしからはなれないで
    だってなにかをはじめようとしているのでしょう
    わたしのことをわすれてしまって
    ふたりがであってから
    あなたはいつもわたしをだきしめてくれた
    もしもかなえられるのならば
    ただあなたといっしょにいたいのよ


    たいしたことじゃないの、あなたがどこへいこうと、あなたがなにをしようと
    その日その日をあなたといっしょにすごしたいだけなのだから
    たったいちどのくちづけでなにがおこるのか わかって?
    この愛でわたしがどうかわるのか それはわからない
    しんじられないけどほんとうのことなの
    ただただあなたといっしょにいたいのよ


    たちどまってそこでほほえんで
    さぁおどらないかとたずねてくれる
    あなたのふたつのうでの感触
    でもんまだ機はじゅくしていない
    ねぇきいて
    あなたがどこへいこうとわたしはそのそばにいたいだけなの
    ふたりがいっしょにいるかぎり、ねぇ、それだけでいいの
    だってなにかをはじめようとしているのでしょう
    わたしのことをわすれてしまって
    ふたりがであってから
    あなたはいつもわたしをだきしめてくれた
    もしもかなえられるのならば
    ただあなたといっしょにいたいのよ


    どうみても女性目線の歌詞なのだけれども、ベイ・シティ・ローラーズ / Bay City Rollersのヴァージョンでは、その辺どう解釈すればいいのでしょう。この歌に歌われているふたりの性別を入れ替えるだけだと、すこしちぐはぐな印象が拭えないのですが?

    from the album "Dedication" by Bay City Rollers

    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ