<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『わすれもの:A Thing Left Behind』 | main | 『青い風 / Blue Wind』performed by bonobonos return >>

"I Need A Man To Love" by Big Brother And The Holding Company(『愛する人が欲しい』 by ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー)

0
    前回とは真逆。


    わたしをあいしてくれる、そんなひとがいてくれるのなら
    わたしのいいたいこと、わかるわよね
    どうして、そんなひとがほしいのか
    そんなひとがいてくれるのなら、いきをするほどにそばにいてくれるのならば
    あいするひとがわかってくれるのならば、のどからてがでるほどよ


    でもそれはむりというものよ
    わたしにつきまとうこの孤独があるかぎりは


    むり、むりっていうものよ
    だってこたえなんかわかりきったものだもの
    むり、むりっていうものよ
    みわたすかぎり、だれもいやしない
    むり、むりっていうものなのよ


    ねぇ、だいてもいいでしょう
    めをとじているだけでいいから
    だきしめてもいいわよね
    ただこうして腕をまわしていたいだけなの、そう太陽のまわりに惑星の軌道があるように
    だからだかせて、せめてあさがくるまでのあいだだけ


    でもそれはむりというものよ
    わたしにつきまとうこの孤独があるかぎりは


    なぜだれもほんとうのことをいってくれないの
    それはできないって
    あさ、めがさめるとおもいしらされる
    ここにはもういられない
    だから、いくのよ


    わたしをあいしてくれる、そんなひとがいてくれるのなら
    それはあなたでもいいの
    どうして、そんなひとがほしいのか
    でもしんじているの、どこからともなくだれかがあらわれて実現するんだって
    だってゆめもきぼうもこれいじょうはわるくはならないのだから


    でもそれはむりというものよ
    わたしにつきまとうこの孤独があるかぎりは


    だってありえないのだから
    それともどこかのだれかがばかにしているの
    あらゆることはうけとめるわ
    だからわたしをみすてないで
    ねぇ、わたしはないているのよ


    おもいっきり意訳しています。
    なんどもなんどもくりかえされる「キャント・ビィ・ナウ / Can't Be Now」は途中、意味合いが変わってきているのでは、と思います。
    「ライク・ザ・サークルズ・ゴーイング・アラウンド・ザ・サン / Like The Circles Going 'Round The Sun」は、太陽をみあげると、そのまわりを幾つもの光輪が重なっている様な、そんな光景を指しているのかもしれません。それを歌詞の中の1行と謂う短い中でうまく説明できそうもなかったので、上の様にしてみました。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ