<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)』 by ピエール=オーギュスト・ルノワール | main | "I Need A Man To Love" by Big Brother And The Holding Company(『愛する人が欲しい』 by ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー) >>

詩『わすれもの:A Thing Left Behind』

0
    こころのこりがあるんだ、
    そのひとことをのこしてもときたみちをそのひとはひきかえす
    ひとりっきりになったわたしはどうしたらいいのだろう

    ぬけがらは、はばたいていってしまったむしののこりものだ
    そのむしはかつてのじぶんをふりかえるだろうか
    そんな行為を否定する そのために脱皮の痕跡があるのではないだろうか

    そんなことをそこでかんがえる

    過去 それがあるのは唯一、ひとだけではないだろうか
    だからひとは変態しないのだ

    そんなことをいまここでかんがえている

    ところで、
    うしろをふりむきもせずにかけだしていったそのひとの
    わたしはこころのこりとなりうるのだろうか
    さっきからずっとそのひとのことばかりをわたしはかんがえているのに
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ