<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 詩『浴室のむこう:At Behind The Bath Room』 | main | 『でぶいもちゃんちびいもちゃん / Fat Potatoes Little Potatoes』performed by bonobonos return >>

"I Got The Blues" by The Rolling Stones(『アイ・ガット・ザ・ブルース』 by ザ・ローリング・ストーンズ)

0
    前回前々回に続いてのブルース。
    と、謂うよりも形式的にはリズム・アンド・ブルースに近いのでしょうか?


    もえるようなおまえに
    身をこがしたこともあった
    それがどうだ、おちこむばかりさ


    もえるほのおにかんじるように
    おまえの情熱にほだされることもあった
    ブルース、それはおまえにおそわった


    夜になるといつもおまえはゆくえをくらまし
    おれはすわっていのるばかりさ
    おまえの無事をねがってね


    どこぞの馬の骨にいだかれたとしてもさ
    いきたここちがすればそれでいい ただ
    くすりづけにはなるなよって


    きぬのような心地でときがすぎ
    ようやくやすらぎをみいだすおれさ
    愛とはブルースでみたされてねむること


    おれはそうやっておまえにブルースをおそわったのさ
    おれのしっているブルースとはそんなものさ
    おまえのためにきもふれて
    髪をかきむしりたくもなる
    まさにおまえのために髪をかきむしるのさ
    たとえおれのうたをしんじられないとしても
    夜明けの3時にでもなれば
    おまえのためにおれはうたってやるさ


    難しい単語や熟語は特にないと思います。ただ、日本語に落とし込むのが難しい。
    例えば、「ザ・シルク・シート・オヴ・タイム / The Silk Sheet Of Time」とか。
    第一に、掛詞でもある「ブルー / Blue」と「ブルース / Blues」自体が、難物と謂えば難物です。

    個人的には、ビリー・プレストン / Billy Prestonハモンドオルガン / Hammond Organが絶品だと思います。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ