<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『着物を着たパリ娘』 by アルフレッド・ステヴァンス | main | "White Rabbit" by Jefferson Airplane(『ホワイト・ラビット』 by ジェファーソン・エアプレイン) >>

詩『あをぞら:About A Blue Sky』

0
    ひくくたれこめたくろくもをきみはうらめしくにらむ
    そのうえにひろがるそらをまちのぞんでいるからだ

    そしてきみはおもう
    まだ海溝の底辺のほうがましだ
    なぜならば、はるかかなたにかがやくひかりをのぞめるのだから

    そうかんがえるきみをぼくは否定しない
    だが、こうかんがえてみてはどうだろう

    銀河のはるかからそれをみれば、ほんの一枚のうすかわだ
    きみのてにする林檎のそれよりもうすい

    あるうたのそれのようにきみはいとおしくおもっているのだろう
    だがきみのゆめみるあじはそこにあるのではない

    さぁ、ひとおもいにかじりたまえ
    それとおなじだ

    そしていつの日にか、このだいちをもむしゃぶりつくすのだ
    るい rui, the creature 4 =OyO= * poetry : sonnet * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ