<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『雨の雪へとかわるときに:Rainy And Later Snowy』 | main | a happy new year 2019 >>

"Alabama Song" by David Bowie(『アラバマ・ソング』 by デヴィッド・ボウイ)

0
    この時季にとってもふさわしい曲?


    つぎの酒場へはどうやっていくんだい
    どうしてかって、そんな野暮きくなよ
    だってつぎの河岸みつけなきゃなんないだろ?
    そうしなきゃ、そこへいけないじゃないか


    どうせしんじゃうんだ
    こっからさきはないんだ
    おまえにもいっておくがな
    死するさだめってやつさ


    アラバマの月よ、おわかれをいう時分だ
    おっぱいくれたおれたちのおっかさんもとっくにいない
    だから呑むのさ、あんただってそうだよな


    こづかいかせぎにはどうしたらいいかな
    どうしてかって、そんな野暮きくなよ
    だってかねはいるだろう
    さもなきゃ、いちもんなしさ


    どうせしんじゃうんだ
    こっからさきはないんだ
    おまえにもいっておくがな
    死するさだめってやつさ


    アラバマの月よ、おわかれをいう時分だ
    こずかいせびったおれたちのおっかさんもとっくにいない
    だからかせぐのさ、あんただってそうだよな


    おんなほしいときゃどうしたらいい
    どうしてかって、そんな野暮きくなよ
    おんながみつかんなきゃよ
    こっからさきおんなっけなしってことよ


    どうせしんじゃうんだ
    こっからさきはないんだ
    おまえにもいっておくがな
    死するさだめってやつさ


    アラバマの月よ、おわかれをいう時分だ
    だっこしてくれたおれたちのおっかさんもとっくにいない
    だからおんなをさがすのさ、あんただってそうだよな


    ベルトルト・ブレヒト / Bertolt Brechtクルト・ヴァイル / Kurt Weill作品で初めて知ったのがこの曲です。下のドアーズ / The Doorsのヴァージョンで知りました。
    本来は、オペラ『マハゴニー市の興亡 / Aufstieg und Fall der Stadt Mahagonny』のなかで歌われる曲で原詞は独語、だからそのオペラ内でのこの歌の果たすべき役割を考えると、上の解釈では誤りなのかもしれません(しかも、逐語訳からはだいぶ離れた理解をしています)。
    題名にあるマハゴニー市 / Stadt Mahagonnyは架空の都市名だそうです。と、なると、「アラバマの月 / Moon Of Alabama」は単にアラバマ州 / State Of Alabamaに昇る月とは異なるニュアンスが込められているのでしょうか?


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ