<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 詩『あかいめ:In A Scarlet Eye』 | main | 『北風小僧の寒太郎 / Kantaro Coming With North Wind』performed by bonobonos return >>

"Just When I Needed You Most" by Randy Vanwarmer(『アメリカン・モーニング』 by ランディ・ヴァンウォーマー)

0
    邦題がよく解らないのだけれども(苦笑)。


    そのあさ、きみはにもつをまとめる ぼくはまどのそとをみつめたままだ
    そしてきみになにかいうべきではないかとおもう
    あめのなか、とびらもしめずにきみはでていく
    ぼくはなにもできなかった


    だってきみをうしなったそのときにもましてきみをいとおしくおもっているのだから
    いまのぼくのどこにいばしょがあるのだろう、神のみぞしるってやつさ
    きみがのこしていったのは、ぼくがきみをもっともひつようとするってことだ
    きみをもっともほっしていたそのおもいだけがのこされている


    まいあさ、まどのそとをぼくはみつめるのさ
    そしておもうんだ、きみはどこにいるのだろうって
    きみあてのてがみだってかいたっていい
    きみが一報をつたえてくれさえしたら


    「アイ・ミス・ユー / I Miss You」と謂うのは英語独特の表現で、そこに顕されている意味を一言で顕す日本語が見当たりません。なぜかと謂うと、不在と謂う事実とその結果として得られる感情、このふたつがその短い文章のなかに込められているのですから。
    だから直訳すると「しかし、きみがいなくなってさみしくなったそれ以上にきみがいなくてぼくはさみしいのだ / But I Miss You More Than I Missed You Before」は、上の様に「ミス / Miss」と謂うふたつの意味を分けて抽出してみました。


    るい rui, the creature 4 =OyO= * criticism : music * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 00:00 * - * - * -

      comments

      entry your comments









      trackbacks

      このページの先頭へ